チョイ足しダイエットの方法

MENU

ダイエットに必要な栄養を取り入れるチョイ足しダイエットの方法

 

 

先日、TV番組バイキングに出演していた栄養管理士の伊達友美先生が解説していた内容で、ダイエットをチャレンジしている人に大変参考になる内容だったので紹介したいと思います。

 

これまで過去にいろんなダイエットを実践されたと思いますが、その中に食事制限のダイエット方法を実践した人は多いのではないでしょうか。栄養管理士の伊達先生も実はその一人、ですが食事制制限は間違ったダイエット方法だとだと話します。

 

伊達先生の話によると、もちろん太ってしまうのは食べすぎが大きな原因なので、食べ過ぎて食事制限をしなくてはならない人もいます。しかし、脂肪を燃焼するために必要な栄養素があるのに、むやみに食事制限をしてしまうと、代謝に必要な栄養素が不足し、脂肪が燃焼しにくくなってしまい逆効果になってしまっている人が多いんだそうです。

 

食事制限はしっかりした知識がある人が行えば健康的に痩せることができて効果的かもしれませんが、知識がない人が実践するとリバンドをしてしまう可能性が高いダイエットと言えるのです。

 

そこで、伊達先生がいくつかのメニューを参考例にして、痩せるために不足している栄養素を伝授してくれました。その名も必要な栄養素をプラスして食べたいものを食べる『チョイ足しダイエット』です。それでは、効果的にダイエットするためのチョイ足を紹介します。

 

@オムライス+パセリ
オムライスは炭水化物に偏ったメニューになります。そこで、パセリをプラスすることで不足していたミネラルを摂ることができます。

 

パセリに含まれているミネラルはバナジウムと言って、脂質や糖質の代謝を上げてくれる働きがあるそうです。そのため、パセリを食べると一緒に食べた炭水化物が脂肪になりにくいそうです。匂いが気になる方は、乾燥パセリならそれほど匂いが気にならないので、乾燥パセリを利用するといいそうです。

 

Aおでん+おにぎり
おでんは選ぶ具にもよりますが、炭水化物が足りていない具が多いそうです。実は炭水化物は代謝する際に必要な栄養素なんだそうです。近年炭水化物抜きダイエットが大人気ですが、最低限の炭水化物は摂らないと逆に太りやすくなってしまいます。

 

そこで、おにぎりがおすすめなんだそうです。特に海苔や玄米おにぎりなどを選んで食べると食物繊維も一緒に補うことができます。そうする事で血糖値の上昇を緩やかにする事が出来るのです。

 

また、おでんの具の中で避けたほうが良い具があるそうです。それは”ちくわぶ”です。ちくわぶは、小麦粉を練っただけで他の栄養素が摂れないそうです。この、小麦粉は体を冷やして代謝を下げる働きがあるので避けた方が良いそうです。

 

伊達先生は、これまでに5000人以上の食事の指導をしてきましたが、同じ炭水化物でもお米を食べて太った人は3人しか知らないそうです。しかし、パン、パスタ、ラーメン、うどん、などの小麦粉を食べ過ぎて太った人は多かったそうです。

 

また、ダイエット中の人がメインで選ぶおでんの具材は、大根、昆布、しらたき、こんにゃくなどの食物繊維を食べる人が多いと思いますが、そうすると、代謝を上げるたんぱく質が不足してしまうので、たまご、つみれ、さつま揚げ、はんぺんなどの動物性のたんぱく質も摂ることが大切なんだそうです。

 

Bサラダのドレッシングはどれを選ぶ?
和風、フレンチ、ポン酢、マヨネーズの中でサラダのとき選ぶドレッシングはどれを選ぶと太りにくいと思いますか?
答え:マヨネーズです。

 

サラダは野菜がメインなので、ビタミンやミネラルや食物繊維が豊富ですが、たんぱく質が不足しているのでマヨネーズで卵のたんぱく質を摂取して代謝をアップする必要があるのです。

 

Cダイエットにおすすめのおつまみベスト3

  1. ビーフジャーキー・・・動物性たんぱく質がしっかり摂れる
  2. 魚肉ソーセージ・・・DHA,EPAなどの良い油とたんぱく質の両方が摂れる
  3. アーモンドフィッシュ・・・ミネラルやたんぱく質、カルシウムが摂れる

 

このように、効果的にダイエットを実践するには、食事の摂取量を少なくするだけではなく、炭水化物、ミネラル、ビタミン、食物繊維、たんぱく質といった、体に必要な五大栄養素をバランス良く摂取するが一番大切なんですね。

 

 

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク