ファスティング中の空腹対策

MENU

ファスティング中の空腹対策

「ダイエットしても途中で挫折してしまった!」こんな経験ある方も多いかと思いますが、私の場合のダイエットの失敗の原因は食欲なんです。

 

ファスティング(断食)を実践すると、これまで3食をしっかり食べてきたので、固形物を食べないファスティングは空腹感との戦いというか、自分との戦いで本当に辛い。

 

ファスティング(断食)など行っても、空腹感に負けてしまい結局食べてしまう。こんな事を何度も繰り返してダイエットが失敗に終わっています。

 

「空腹感や食欲を抑えられたら、こんなにダイエット辛くないのに・・・。」と、いつも思う。

 

まして、初めてファスティングを実践される方は、その辛さをある程度は予想はできますが、まだ知りません。

 

「1日や2日何も食べなくても大丈夫!」と軽く考え、実際にチャレンジして改めて空腹感の辛さを実感し、結局空腹に負けてしまいダイエットを断念してしまう方もたくさんいらっしゃいます。

 

せっかくチャレンジしようと心に決めたのですから、途中であきらめないでやり遂げたいものです。ここでは、空腹感をなるべく軽減できる対策についてご紹介します。

 

一週間前から準備をする!

2日間、3食全く固形物を食べない断食を実践する場合は、いきなり断食を行わないで1週間位前から徐々に食事の量を少なくし、胃を小さくするように準備しましょう。

 

また、お腹が空いた時はお水を飲む習慣を身につけ調節していきましょう。

 

そうすることで脳も空腹感に慣れてきますし、お水を飲む事で、体内で要らなくなった老廃物を含んだ古い水分が排泄され、絶えず体内に新しいお水を循環させる事ができ代謝が良くなりプチ断食を実践した時に痩せやすい環境を作ることができます。

 

お休みの日を利用する

そして、ファスティングを実践する日は、お休みの日を利用しましょう。職場など、食事をしている人が目の前にいると、さらに辛くなりストレスになります。

 

お休みの日を利用し、本を読んだり、お肌にパックしたり自分のために時間を使いリラックスして時間をすごしましょう。

 

新世代のダイエット素材『酵母ペプチドDNF-10』という成分

次に、ファスティング中やダイエット中の食べ過ぎを抑制してくれる働きに注目されていている成分を紹介します。酵母ペプチドDNF-10です。

 

パンや日本酒をつくる時に欠かせない酵母を由来の成分で特殊製法したものです。

 

食欲を抑えたり、食事などで摂取した脂質を体脂肪になりにくくするなど、豊富なデータが報告されていて、ダイエットをサポートする成分として期待されているんです。

 

酵母ペプチドDNF-10を配合したサプリメントがコチラ⇒ 新・ダイエットサポート酵母サプリ 気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

 

※自宅で実践する断食は、2日間の短期間にしましょう。それ以上行う時は、専門家や医師の指導のもと実践するようにしてください。

 

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク