ファスティング中の運動

MENU

ファスティング中の運動について

ファスティングと運動の関係

ファスティング中の運動はどうしたらいいのだろうか?と、悩む方もいらっしゃるかと思います。

 

ファスティングは自分の生活に合わせたプランを選べます。

  • 1日3食のファスティング
  • 1日2食のファスティング
  • 1日1食のファスティング

など、その中でも1日3食、全く食事をしないファスティング中は、カラダに負荷のかかる激しい運動は避けましょう。

 

それ以外の1日1食や2食のファスティングプランの場合は、運動をすることで基礎代謝を高めリバウンドを防止しするなど、ダイエットの効果を倍増させる効果が期待出来ます。せびチャレンジしましょう。

 

とは言っても、激しい運動でなくても大丈夫です。体の凝り固まった部分をほぐすストレッチやラジオ体操などの柔軟運動、またウォーキングなど、適度な運動がおすすめです。ここでは、ファスティング中におススメの運動を紹介していきたいと思います。

 

1日30秒のドローインで痩せられる!?

まず最初に、こんなに簡単でいいの?と、ビックリするほど本当に簡単なお勧めの運動があります。それは、テレビ番組『解決!ナイナイアンサー』でも紹介していた、おなかを引っ込めるだけの「ドローイン」運動です。

【ドローイン運動のやり方】
ドローインとは、お腹をへこます胸式呼吸に近い運動でやり方もとっても簡単。

  1. 背筋を伸ばす。
  2. 肩を軽く引く。
  3. お腹を限界までへこませる。
  4. その状態のまま15〜30秒キープします。

この、お腹をへこますことを繰り返し行う事で細さを形状記憶させる事ができ、お腹周りの筋肉も鍛えるので1か月でだいたい4p〜5pは変わるそうですよ。※効果は個人差があります。

 

これなら、お金がかかりませんし、いつでもでき、どんな姿勢でも出来るので実践する価値ありです!

 

と言うのも、実際に私も実践していますが、本当に効果がありますよ。どこでもできて簡単なので継続できることが成果につながっているんだと思います。

 

空腹感がある時に運動すると紛らわす効果もあるそうです。毎日1日10回を目標に継続して実践してみましょう。

 

日常に運動を取り入れて基礎代謝を高める

辛いダイエットをチャレンジして体重が目標に達成すると「もうダイエットは終わった!」と安心し、 その後、ダイエットをやめてしまった方もいるかと思いますが、その後、リバウンドしてしまった!そんな経験はありませんか?

 

確かに 体重計にのって体重が軽くなっていたら「やった!痩せた!!」これでダイエットは成功したと思いがちですが、 実はここからが重要!きちんと体重が軽くなり痩せることができたとしても、元の生活習慣に戻してしまうと、すぐにまた元の体型に戻ってしまい、今度はさらに太りやすくなってしまうのです。

 

せっかく痩せたのに、油断してまた元の生活習慣に戻してしまったら、それまでの努力が水の泡になってしまいます。そうならないように、体型を維持するためには、基礎代謝をあげることです。

 

さて基礎代謝の低下を防ぎ、今よりもアップさせるには

 

エネルギーを効率よく消費する筋肉量があること!この要素が大切です。

 

もうお解かりのようにダイエットで失敗する人の共通点は筋力を強化してない点です。

 

そこで当サイトでは、ファスティングダイエットの効果を数倍にアップさせるために、わずかな時間の運動で抜群に筋力アップができる「インターバル速歩」をご紹介します。つまり筋力アップして基礎代謝を増やします!

 

インターバル速歩のやり方

インターバル速歩とは、長寿県日本一なった長野県民が実践している健康増進法です。

 

手軽にできる有酸素運動の中でも、抜群の効果が確認されています。5ヶ月以上続けた結果、筋力アップができ基礎代謝が高まり脂肪を燃焼したというデータがあるそうです。

  • 筋力が平均して4倍アップした
  • 体脂肪率が平均2.8%減少した
  • 高血圧が下がった
  • 血糖値が下がった

このような効果が確認されています。

 

特に高齢者には生活習慣病の改善に効果がありことが認められていますが、ダイエット効果では魅力なのは体脂肪率が下がり筋力が4倍もアップする点です。

 

ダイエットに挑戦する方は、騙されたと思って日常生活に取り入れてください。

 

やり方は簡単です。

  1. 背筋を伸ばし姿勢を正します。
  2. 肘を直角に曲げて腕を大きく振って歩きます。
  3. 歩き方は普通の歩幅より大きく、カカトから足を下ろすように歩きます。
  4. 最初の3分はゆっくりと歩きます。
  5. 次の3分は速歩きします。歩く速さはややキツイとキツイの中間ぐらいが目安です。

ゆっくり歩きを3分、速歩きを3分、交互に15分〜30分やるだけです。1週間に3回から4回やるだけで効果が出るようになっています。

 

仕事のある日は、通勤の時一つ先の駅まで歩く、また、帰宅時に1つ手前の駅で降りてインターバル速歩で自宅まで歩いたり、買い物や散歩に行くときにインターバル速歩を取りいれたりと、工夫次第でやるチャンスはいくらでも作ることができます。

 

この努力の積み重ねが、ダイエット効果を倍増させ、太らない体質を作り上げます。痩せたい方は絶対に試してみてくださいね。効果テキメンとはこのことです。

 

※インターバル速歩は、1日3食全く食べない断食のときは避けてください。

 

運動した時、さらに脂肪燃焼をサポートする成分

運動をしても若いころのように痩せなくなった・・・。このような年齢による代謝の低下を感じていませんか?

 

脂肪の分解・燃焼の力をサポートしてくれる今注目されている成分を2つ紹介します。

 

一つ目は『葛の花由来のイソフラボン』です。

 

多くの人に選ばれているその理由は、体重(BMI)、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)、ウエスト周囲系を減らす臨床データを消費者庁に提出した機能性関与成分という点です。

 

葛の花由来のイソフラボンは、現在注目されており数多くのメーカーからサプリメントが販売されています。その中でも人気の商品が機能性表示食品「シボヘール」です。

 

 

多くの人に選ばれている理由は、他社の葛の花サプリメントと比べて圧倒的にコスパが良い事。もちろん配合されている成分は35mgと、成分としての効果は他社と変わりません。

 

基本的に、どんなサプリメントを飲んでも効果をしっかりと実感するには最低1〜3ヶ月はかかると言います。継続しやすい価格設定というのは選ぶ際の大切な条件になります。

 

現在、初回980円!公式ホームでご確認ください。  お腹の脂肪を減らす!機能性表示食品「シボヘール」>>詳しくはこちら

 

 

 

二つ目は、ダイエット効果が高いとされる漢方薬・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)です。

 

防風通聖散はサプリメントではなく、漢方の古典書にも古くから記載されている漢方薬で18種類の生薬が配合されている「医薬品」です。

 

代謝を促進して余分な水分を排出し、おなかの脂肪を落とす漢方として今注目が集まっています。特に運動と組み合わせる事でより効果の期待ができ、その他にも、女性に多い悩みと言われている便秘やムクミにも期待できるので、女性には嬉しい漢方薬です。

 

おすすめは、有効成分が1日処方の最大量である27.1g配合されている「生漢煎 防風痛聖散」です。

 

 

防風通聖散は、ツムラの防風痛聖散、ロート製薬の和漢箋、小林製薬のナイシトールが有名ですが、おすすめする「生漢煎 防風痛聖散」は、原生薬を最大量である27.1g配合した「満量処方」で、コストパフォーマンスも良いです!

 

現在、初回限定で半額!お得情報は公式ホームでご確認ください。 生漢煎【防風通聖散】の詳細はこちら

 

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク