脂肪を溜め込まない食べる順番

MENU

ダイエット中脂肪を溜め込まないようにする食べる順番

 

極力血糖値の上昇を緩やかにする!

ダイエット中と言わず毎日の食事の時、ご飯やおかずなどの食べる順番を工夫するたけで脂肪を溜め込まないようにする食べる順番についてまとめています。

 

わたしが、食べる順番を変えるだけで太らないようにできる事を知ったのは、何年か前のテレビ番組です。番組では、ビビる大木さんやレッド吉田さんが挑戦して爆発的に痩せてその当時は大変話題になりました。

 

今まで食べていた食事と同じものを食べる順番を変えるだけで、カロリー制限など一切しないのにダイエット効果が抜群!と紹介されていたのです。

 

そんな事が出来るのかとビックリしましたが、その理由は、急激な血糖値の上昇は、血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌されます。そのインスリンが脂肪を溜め込みやすくなり太る原因なのです。

 

さらに生活習慣病を引き起こす要因でもあると言われており、食事のとき血糖値の上昇を緩やかにする為に、食事の時は、野菜類を先に食べるようにしましょう、野菜に含まれている食物繊維が先に腸に入ることで脂肪や糖質の吸収を抑えてくれます。

 

食物繊維 ? 味噌汁やスープ類 ? たんぱく質 ? 炭水化物という順番で食べます。

 

食べる順番を守ることで、糖質と脂質を同時に食べることを避けられ脂肪の蓄積を防ぐので、ダイエット中の食事としては理想的なものなのです。しかし、食べ過ぎてはダメです。

 

  • 食べる順番をまもってシッカリ食べて痩せる
  • その上で代謝を上げて脂肪燃焼しやすい体質に改善する。

 

NGメニューに注意

ダイエット中の食事法には、もう一つの注意点があります。それは食材が混合している場合。糖質と脂質が最初から混ざっている食事です。

 

いわゆる食べる順番を変えられないメニューです。チャーハンやカレーやカツ丼は、すでに糖質と脂質が混ざっていますのでNGメニューとなります。

 

しかし、海鮮丼などは魚とご飯を別々に食べられるのでNGメニューではありません。鍋系のメニューも野菜と肉と魚など順番に食べられるものはOKです。

 

実践していると、だんだん慣れてきますので、まずは実際に食べる順番を変えてみてください。簡単で効果を実感できるので、モチベーションがあがること間違いなしです。

 

 

 

 

 

ダイエットに関する知っておきたい知識

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク