アミノ酸の種類とダイエット効果

MENU

アミノ酸の種類

 

たんぱく質を構成する成分として知られているアミノ酸ですが、私たち人間の体を構成するのに必要なアミノ酸は20種類だと言われています。

 

このアミノ酸は、人間の体で合成出来るのがほとんどなのですが、体の中で作られないアミノ酸もあります。体で合成出来るアミノ酸は11種類で、非必須アミノ酸といいます。

 

残りの9種類のアミノ酸は合成出来ないため、体外から摂取する必要があるので、必須アミノ酸と呼ばれています。

 

非必須アミノ酸 アスパラギン酸、アスパラギン、アルギニン 、アラニン、グルタミン酸 、セリン、ヒドロキシプロリン 、チロシン、グリシン 、プロリン 、シスチン
必須アミノ酸 ヒスチジン、スレオニン、バリン、ロイシン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン 、イソロイシン、メチオニン

 

以上の、どのアミノ酸が欠けても、健康バランスが崩れてしまうので、健康な体を保つにはアミノ酸をきちんと摂取しなくてはいけません。アミノ酸は、それぞれに体に対しての作用を持っています。

 

  • 免疫力のアップ
  • 肌の再生
  • 体力向上
  • 消化吸収
  • 脂肪燃焼

大きく分けるとこの5つになります。

 

健康、美容維持やダイエットに対しての高い効果が期待出来ますが、逆に、アミノ酸が不足すると、これらの作用が低下してしまいます。そのため、アミノ酸をバランスよく摂取する必要があります。

 

 

アミノ酸はダイエットにどう働く?

 

アミノ酸の中でも、ダイエット効果があるのは、脂肪燃焼の効果があるリジン、プロリン、アラニン、アルギニンです。これらのアミノ酸は、脂肪燃焼アミノ酸とも呼ばれています。

 

リジン、プロリン、アラニン、アルギンは、リパーゼという脂肪燃焼効果のある酵素を活性化させます。そのため脂肪燃焼が促進されるので、体脂肪を減らす効果が期待出来ます。

 

また、アミノ酸には、運動中に筋肉のたんぱく質が分解されるのを抑制し、逆にたんぱく質の合成を促進するものがあります。それが、バリン、ロイシン、イソロイシンというアミノ酸です。

 

ですから、筋肉の疲労を抑えて増強する効果があるので、運動によるダイエットに高い効果を発揮します。

 

もちろん、これらのアミノ酸だけを摂取することは出来ませんし、出来たとしても、トータル的なバランスが整っていなくては効果は得られません。

 

でも、きちんとアミノ酸を摂取することで、体脂肪燃焼と筋肉増強によるエネルギー消費量のアップが期待出来ます。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク