青魚に含まれるEPA

MENU
 

 

数年前から注目されていて、青魚に含まれる栄養成分として有名なのがEPAです。

 

EPAは、よくDHAとセットで紹介されていますよね。DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸というもので、どちらも健康に大きく関わる必須脂肪酸です。

 

脂肪酸と言うのは、基本的にはエネルギーとして使われるものです。ですから、いくらダイエットをしたい、という方でも生命維持のためには絶対に必要な成分なのです。

 

しかも、必須脂肪酸には、脂肪燃焼を促進したり、中性脂肪を減らすという働きがあります。

 

一般的に、ダイエットをする場合には脂肪を摂取しないようにしますよね。極端な人になると、油が含まれる食材は一切食べないこともあるでしょう。

 

ダイエットでありがちなものに、単品ダイエットというのがあります。例えば、りんごダイエット、ゆで卵ダイエット、バナナダイエットなど、一世を風靡したものが思い浮かびますね。

 

確かに、こういったダイエットは一時的にものすごく痩せることが出来ます。でも、そのダイエット効果の多くは、カロリーの摂取量が異常に減少するからです。

 

つまり、体脂肪が燃焼されて痩せるわけでもありませんし、中性脂肪が減っているということでもないのです。そのため、これらのダイエットをやめた途端に、ものすごいリバウンドがあるのです。

 

健康的に、かつ美しく痩せるためには、当然脂肪を燃焼しなくてはいけません。そのために必要なのが必須脂肪酸であり、EPAなのです。

 

EPAには、脂肪細胞の生成を抑制する作用があるので、脂肪の蓄積を防ぐことが出来ます。また、燃焼リパーゼの働きを活性化されるため、脂肪の燃焼を促進する作用があります。

 

特に内臓脂肪を減少させる働きに優れているため、メタボに効果が高いと言われています。メタボに効果があるということは、肥満による生活習慣病のリスクが減少するということです。

 

つまり、EPAはただ痩せるという効果ではなく、痩せて健康になる効果というのが期待出来るのですね。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク