菊芋の主成分イヌリン

MENU

天然のインシュリンと言われる菊芋

 

菊芋という食材をご存知ですか?
普通、いも類にはデンプンが豊富に含まれているため、摂取しすぎるとデンプンの糖質が肥満の元になります。
ところが、菊芋は芋という字を書きますが、実はイモ類ではなく菊科のヒマワリ属の植物なので、ジャガイモやサツマイモのようにデンプンが含まれていません。

 

主成分は 「イヌリン」という、水によく溶ける水溶性食物繊維が豊富に含まれています。ですので、イヌリンはブドウ糖にならないばかりか、消化酵素で分解・吸収されないので血糖値が上昇することもないため、インスリンが過剰に分泌されることがないのです。そのため、 血糖値の上昇を抑制するなど期待されており糖尿病患者用の食事に利用されており、天然のインシュリンとも言われています。

 

また、菊芋にはイヌリンのほかに、アミノ酸、ビタミン、ミネラルと言ったダイエットや美容にとても有効な成分を豊富に含んでいます。だらに、菊芋には、イヌラーぜという酵素が含まれています。菊芋イヌリンがこの酵素によって分解されると、フルクトオリゴ糖という甘味成分になります。

 

フクトオリゴ糖の特徴は、腸内の善玉菌のエネルギー源となるため、善玉菌を増殖させ増やしてくれる働きをします。善玉菌が増殖すると、悪玉菌が劣勢になるので腸内環境が整います。腸内環境が整うと、便秘が改善されて老廃物や余計な脂肪などの排出がスムーズになります。

 

便秘になると、便が排出されないため、また血流が悪くなるので体に脂肪が溜まりやすくなってしまいます。でも、菊芋イヌリンによって、腸内環境が正常化されれば、体内のめぐりが良くなり、痩せやすい体質へと変わっていくと考えられています。これも、菊芋イヌリンのダイエット効果と言えるでしょう。

 

現代人は、炭水化物の過剰摂取や加工食品ばかりの食事に偏っています。そのため、糖質過多になりすぎていたり、便秘になってしまって肥満になりやすいのです。菊芋イヌリンは、そんな現代人にぴったりの成分と言えるのですね。

 

菊芋イヌリンは、名前の通り菊芋から摂取することが出来ます。ただし、あまり一般的な食材ではないため、手に入りにくく調理も難しいかもしれません。今は、サプリメントやお茶などに加工されているものもあります。ですから、こういったもので菊芋イヌリンを摂取するといいでしょう。

 

 

日本農学会発表商品!血糖値が気になる方に!

天然のインスリン野菜100%の「紅菊芋」

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク