ジュースクレンズの作り方とダイエット方法

MENU

ジュースクレンズとは?

タレントのローラーさんやモデルなどが実践している話題のジュースクレンズ。その作り方やダイエット方法をまとめています。

 

 

NYとハリウッドで大人気!

 

マドンナやヒルトンなどのセレブが愛飲していることが火付け役となり、NYやハリウッドで大人気のジュースクレンズ。今、日本でも多くの芸能人やモデルが実践しており、代官山などではジュースクレンズの専門店もオープンしている話題のダイエット。

 

この場合の ”クレンズ” の意味は、体内の中をきれいにすると言う意味で使われており、旬の新鮮な野菜や果物を使って作った栄養素がタップリ入ったジュースを作り、食事の代わりのこのジュースを置き換え、体内をキレイに洗浄するデトックス法のことです。

 

メリットは?

 

ジュースクレンズの場合、通常の食事と違い消化に負担の掛からないジュースを飲むだけなので、食べ物を摂り込んで消化・吸収のために毎日活発に働いている消化機能を休めることができます。それによって、体内をデトックスすることができるのです。
また、野菜や果物だけを使用して、熱や水分を一切加えないため、からだに必要な酵素を補うこともでき、ジュースクレンズの効果は、ダイエットだけではなく、美容や健康維持に期待が高いのです。

 

ジュースクレンズのやり方

ジュースクレンズで用意するのは、スロー(低速)ジューサーを使って作ったコールドプレスジュース。このコールドプレスジュースの作り方は、後ほど説明しますが、このジュースを、毎日食べている食事と置き換えるだけ。

 

いわゆる、今話題の置き換えダイエットと同じように、体内のデトックスを行っていきます。実践する期間は1日から長くても3日間まで、短期間で即効でダイエット効果を求めているなら、3食全て置き換えると効果的。

 

この場合、準備期間として、置き換える3日前から食事の量は減らし、揚げ物など脂っこい食事は避けて消化の良い和食にしましょう。また、置き換えが期間が終わったら、すぐに固形物は食べないようにして、お粥からはじめて、徐々に通常食に戻していきます。

 

置き換え期間中、お腹が空いてきたら、このコールドプレスジュースを飲んでください。3食全部を置き換えるのはちょっとキツイと思われる方は、3食のうち1食分だけ置き換えても問題ありません。

 

コールドプレスジュースの作り方

 

では、コールドプレスジュースの作り方です。コールドプレスジュースとは、低速回転で圧搾していくジューサーで作るコールドプレス製法によって作ったジュースのことです。

 

なぜ、低速圧搾ジューサーで作るコールドプレス製法でないといけないのでしょうか?

 

それは、酵素が持つ力をを最大限にいかすためだからです。野菜や果物には体内に溜まった毒素排出の鍵を握り、美容や健康に良い影響をもたらす酵素がたっぷり含まれています。

 

しかし、通常使われる高速回転のジューサーでは、高速回転によって熱が発生してしまい、熱に弱い性質を持つ酵素が死滅してしまうのです。

 

この問題を解消したのがコールドプレス製法で、低速回転で圧搾していくジューサーを使って時間を掛けてジュースを作っていくため、熱の発生を抑えることができ、酵素の死滅を防ぐことができます。

 

こうして低温で圧搾(コールドプレス)して作られることで、新鮮な野菜や果物の生きた酵素をたっぷりと含んだコールドプレスジュースができ上がるのです。

 

コールドプレスジュース(低温圧搾ジュース)が自宅で作れます!

 

 

低速回転圧搾式なので、栄養素の劣化が少なく、しかも【たっぷりの量を】【素早く搾れる】ジューサーです。
ジューサー製造ひと筋35年の世界ブランドKuvings(クビンス)が素材をなるべくカットせずに搾れるジューサーを開発しました。

 

カットすれば、するほどジュースの素材が空気に触れるため栄養素の酸化が進む、
材料を細かく切るのが手間でせっかく買ったジューサーを使わなくなる、
生ジュースを習慣化したいけど素材のカットが手間という課題、お客様の声に取り組んだ機種です。

 

“ジュース素材を細かくカット不要“という点で、
「空気に触れないため、従来のスロージューサーよりも、栄養素がさらに酸化しづらい」
「手間が省けるぶん、毎日のジュースが習慣になる」
【オリジナルの特典があります!】
1、買って安心、10年間の無償修理保証(ジューサー機種のなかで最長)
2、送料、代引き手数料無料
3、ジューサーが届いてすぐに搾れる野菜・果物セットのプレゼント
 例(リンゴ、オレンジ、人参の詰め合わせ)
4、搾りかす(ジュースパルプ)を活用したミニレシピが付いてきます。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク