ファスティング前の減食のとり方

MENU

断食を実践する前のポイント!減食のとり方

 

プチ断食や置き換えダイエットを効果的にするためにはファスティング(断食)前の減食のとり方が重要なカギといえます。とり方や注意点をまとめています。

 

 

断食前の減食の目的

ファスティング(断食)は、ただ体重を減らすためのダイエット目的だけではなく、長年体内に溜まった老廃物を排出するデトックス効果を得るためであったり、胃腸を休ませることで一度リセットし、消化・吸収・排出といった胃腸の機能を回復させることが目的でもあります。

 

その目的を達成するためにも、体に負担がかからないように本断食の前には減食という準備期間を設けましょう。

 

今までお腹いっぱいになるまで食べていた所、急に全く固形物を摂らない過度な断食をしてしまうと体がついてこず負担になってしまいます。体をビックリさせないために、また、空腹感で辛い思いをしないためにも。まずは本格的に断食に入る前にこの断食前の減食によって、体に負担がかからないように、食べ物を食べない状態へと慣らすことができます。

 

いきなり断食をしてしまうと、今まで毎日普通に食べ物の消化・吸収などの活動していた胃腸が、急に食べ物が入ってこなくなって活動する必要がなくなることに驚いて体がついてこなくなるため、少しずつ体を慣れさせるために食べる量を徐々に減らしていきます。

 

減食時の食事の摂り方

では、具体的な減食の摂り方についてですが、本格的に断食に入るための準備期間であるため、いつも食べている通常の食事量から少しずつ量を減らしていきます。

 

減食時の朝食は、まだ通常の食事と同じ量を食べてもかまいませんが、昼食や夕食に関しては、6割から8割ぐらいの量に留めておくようにします。食べる物も、できるだけ消化されやすい日本食にして、肉類や油っ濃い物は控えましょう。

 

また、期間についてですが、減食期間は、断食する日数と同じだけの期間行うようにした方がいいでしょう。例えば、断食期間が2日なら減食期間も2日というように同じ期間だけ行ってください。

 

減食する際の注意点

減食する際の注意点をここにいくつか挙げておきます。無理をすると場合によっては体調を崩す可能性がありますので、当てはまる方は、十分に注意して減食を行いましょう。

  • 一気に食べる量を減らすのではなく徐々に減らしていく
  • 何らかの原因ですでに体調を崩している場合は治るまで減食を控える
  • 妊婦さんは出産を終えるまで減食を控える
  • 病気で治療を受けていたり薬を飲んでいる場合は医者に相談してから減食を行う
  • アルコール類は飲まないようにする
  • カフェインを含むコーヒーや紅茶などは飲まない
  • 喫煙は控える
  • 高脂肪で高カロリーのお菓子やジュースなどは食べない
  • 具合が悪くなったら無理をせずにすぐに中止する

 

 

■主なファスティングプラン

【1】ファスティングの準備期間・・・・・ファスティング前の減食の方法

 

【2】初心者にオススメ!・・・・・1日1食置き換えファスティングの方法

 

【3】食べ過ぎた翌日や疲れているとき!・・・・・・1日ファスティング(断食)の方法

 

【4】短期間で成果を出したい時・・・・短期集中のファスティングの方法

 

【5】ファスティング終わてもここが重要!・・・・・・回復食の摂り方について

 

【6】「あれ?痩せなくなった」そんな時はここをチェック!・・・・停滞期の乗り越え方

 
ファスティングサポートドリンク Pick Up!

ローヤルエンザミン酵素

やすや『ずぼらさんの酵素グリーンスムージー』

優光泉酵素

酵素ドリンクをホットで飲みたい方に!熱に強く、酸に強い、低分子なので吸収率が良い。販売してたった1年で30万本突破!

やすやの泡まで丸ごと美味しいスムージー。酵素・ビタミン・ミネラルがしっかり摂れます。香料・甘味料・保存料・着色料不使用。

本物を求めている方に支持されている、創業25年以上のファスティングのプロ断食道場が開発した完全無添加の酵素ドリンク。

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク