1日ファスティング(断食)のやり方

MENU

1日ファスティング(断食)のやり方

 

手軽で安全に実践できる1日ファスティング(断食)のやり方を紹介。この方法は、前日食べ過ぎたときや、体が疲れている時にもおススメです。

 

1日ファスティング(断食)のメリット

1日ファスティングのメリットは、摂取カロリーが抑えられる事もありますが、手軽に自分のライフスタイルに取り入れやすく、無理をしないので安全に実践する事ができるのがお勧めできる理由です。

 

2日間のファスティングは辛いと言う方、また、ダイエット目的だけではなく、前日に外食をして少し食べ過ぎてしまったり飲みすぎた翌日や、体が疲れやすく食欲がない時などにも、1日断食をすることで胃腸を休めることができ、体に残っている食べカスの除去にも期待ができ体に優しい方法です。

 

1日ファスティング(断食)の実践プログラム

ファスティングを行う前日・当日・翌日までの3日間のプログラムをわかりやすく表にしてみましたので参考にしてください。

 

ファスティングの時は、酵素ドリンクを活用するのがおすすめです。固形物を全く食べないファスティングを行うと、カラダに必要な酵素・ミネラル・ビタミンが摂れません。その為、カラダに負担がかかってしまいます。健康的で無理をしないファスティングを行うためには、酵素・ビタミン・ミネラルを摂りながら、固形物は一切摂取しない方法がおすすめです。

 

  • 酵素・・・食べ物の消化・分解・吸収、代謝に必要。生命活動の全てに関わっていて酵素がなければ人間は生きる事ができません。ところが酵素は年齢とともに減少してしまいます。酵素の補給と温存する事が大切。
  • ビタミンやミネラル・・・カラダに欠かせない栄養素で体内の酵素の活動を助け、さらに体内で酵素を作るために必要な栄養素でもあります。

 

酵素ドリンクは、水や豆乳、飲むヨーグルトなどお好きなドリンクで割りましょう。個人的には空腹感が軽減できるので炭酸割はおススメです。

 

 

朝食

昼食

夕食

前日 酵素ドリンク 消化の良い通常食 消化の良い通常食を夜の8時までに済ませる
当日 酵素ドリンク 酵素ドリンク 酵素ドリンク
翌日 酵素ドリンク 野菜スープやお粥 消化の良い和食や日本そば

 

注意すること!

  • 体調の悪いときや生理中は実践しない。
  • 梅干など塩分を摂りましょう。
  • アルコールは摂らないようにしましょう。
  • 1日に2リットルのミネラルウォーターを飲みましょう。
  • 断食後の食事は、揚げ物や脂っこい食べ物は避け、消化の良いお粥やスープ、日本食を食べましょう。
  • 体調が悪くなった場合はすぐに中止しましょう
  • ストレッチや体操など運動を取り入れましょう。但し激しい運動はしないようにしましょう。
  • お腹が空いたと感じた時は酵素ドリンクを飲みましょう。
  • 薬を服用している方や治療を受けている方は担当医に相談してから実践しましょう。

 

この1日ファスティングを実践するときは、3日前から、野菜中心のサッパリした料理を取り入れましょう。そうすることで便通が良くなり、より効果が期待できます。

 

仕事がお休みの日に合わせて月に2回〜4回実践することで、半年後には体の中も外見もスッキリし健康になっている事を実感する事ができるでしょう。

 

1日ファスティング(断食)が終了したら、目標の体重になるまで1日1食ファスティングのプログラムを実践し、毎日必要な酵素を補いながら摂取カロリーを抑えましょう。

 

 

人気の酵素ドリンク

断食のプロが開発した完全無添加の本格派の酵素液『優光泉酵素』

 

ファスティングのプロ!創業25年の断食道場が開発した完全無添加の原液100%の酵素ドリンクです。 酵素ドリンクの質は酵母菌で決まると言いますが【優光泉酵素】には生きた酵母菌が1ccの中に数百万個が入っている本物の酵素エキスです。 『スタンダード味』と『梅味』の2種類が楽しめるお得な2本セット。 本物の酵素ドリンクを飲みたい方におすすめです。

 

  • 完全無添加!原液100%。
  • 生きた酵母菌が1ccの中に数百万入っています。
  • 安心の返金保証がついています。

 

 

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク