ダイエット中の停滞期の理由と乗り越え方

MENU

ダイエット中に停滞期が来る理由と乗り越え方

ダイエットを実践した多くの人が経験があるダイエットの停滞期。その理由のひとつと言われるホメオスタシスの関係と停滞期から脱出する乗り越え方についてまとめています。

 

 

どうして停滞期が来て体重が落ちにくくなるのでしょうか?

ダイエットをチャレンジして順調に体重が減ってきているのに、何の前触れも無くある日突然体重が減らなくなって途中で挫折してしまったという経験をしたことはありませんか?

 

これは、ダイエットをしていると必ずやって来る「停滞期」というものです。この停滞期中は、いくら頑張ってダイエットを実践しても、なかなか体重を減らすことができません。ダイエットを実践している多くの方が、この停滞期で無理をしてしまい、ストレスや空腹に耐えられなくなって挫折してしまいます。

 

この停滞期が訪れる理由のひとつは、人間の体の機能の一つでエネルギー不足になると危険を察知して発動する「ホメオスタシス機能」が原因だと言われています。このホメオスタシス機能が発動するのは、ダイエット開始から1ヶ月ぐらい経過した頃で、その後、約1ヶ月程度痩せにくい停滞期が続くと言われています。

 

その「ホメオスタシス機能」とは?

 

ホメオスタシス機能とは、人間が生まれながらにして持っている危機管理機能のことで、生命維持のために体温調節など環境の変化に応じて体内環境を一定の状態に安定させる働きを担っています。

 

このホメオスタシス機能には、体内に摂り込んだ食べ物からのエネルギー吸収率を高めたり、運動などに使われるエネルギー消費量を抑えてくれる働きもあり、災害のような緊急事態などで食べる物がない状況に陥った場合とかでは、私たち人間の命を救ってくれるとても大切な機能でもあるのです。

 

しかし、ダイエットをして体内に食べ物があまり入ってこない状態が続くと、人間はこれを危険な状態だと判断し、ホメオスタシス機能が発動し始めるのです。その結果、エネルギー吸収率が上がり、ダイエット中で食事量を減らしているにもかかわらずエネルギー吸収量が増え、エネルギー消費量も抑えられるので、突然体重が減らなくなってしまう停滞期に入っていくというわけなのです。

 

停滞期の乗り切り方

ダイエット中の停滞期は、ダイエットする限り必ずいつかやって来るので、絶対に避けて通ることはできません。何とかしてこの停滞期を乗り切らないと、ダイエット成功への道を切り開くことはできないのです。かと言って、焦って無理をしてしまうと、ストレスや空腹に耐えられなくなって挫折するだけなので慌ててはいけません。

 

この停滞期で一番重要なのは、これまで通りダイエットを継続することです。先程も説明した通り、停滞期の期間は約1ヶ月程度なので、この期間を何とか乗り切れば、また少しずつ体重が減り始めます。今まで通りのダイエットをしながら上手く停滞期を乗り切る方法としては、以下のポイントに注意してみるといいでしょう。

 

食事内容を見直してみる

ひょっとしたら油断して甘い物を間食してしまい、余計にカロリーを摂取しているかもしれないので、食事内容をもう一度見直してみましょう。

 

運動内容を見直してみる

運動内容を見直すと言っても、ウォーキングなどの時間を増やしたりするのではなく、筋トレを量を少しだけ増やして筋力の維持に努めましょう。ダイエット中は食べる量が減って筋肉量が減りがちになり、基礎代謝が低下してしまうので、筋肉量の多い下半身を中心に筋トレを少し増やして筋力を維持し、基礎代謝を下げないようにしましょう。

 

毎日気づいたことや生活習慣を細かく記録して管理する

毎日の食事内容はもちろん、体重やその他の体調の変化や運動内容など、その日に気づいたことや生活習慣を細かく記録して自分で管理しておくことです。そうすることで、体重を減らせたポイントや数値などの成果をしっかり把握できるので、モチベーションの維持にも繋がります。

 

【注目のダイエットサポートサプリメント!】

デブ菌の画像

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク