糖質制限ダイエットの落とし穴ト

MENU

糖質制限ダイエットの落とし穴

 

近年、最も効果が早いダイエット方法と言われ人気の炭水化物などの糖質を制限する糖質制限ダイエットのメカニズム効果的なやり方、また注意点をまとめています。

 

糖質制限ダイエットのメカニズム

人間の体は血液中のブドウ糖を燃料にして動いています。そのメカニズムを簡単に説明します。

 

食事で主食のご飯やパンなど炭水化物(糖質)を摂取すると、胃腸で消化・分解されブドウ糖になります。そのブドウ糖は小腸で吸収され血液の流れに乗って全身の各臓器へ運ばれます。すると、インスリンの働きによって血液中のブドウ糖を細胞に取り込みエネルギーとして使います。 インスリンは膵臓で分泌されている私たちの身体には欠かせない大切なホルモンです。

 

ですが、血液中に余ったブドウ糖を脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える作用をしてしまう為、肥満ホルモンとも言われているのです。その為、なるべくたくさんの量を分泌させないようにする事が肥満にならないためには大切なんです。

 

そこで、糖質を制限ダイエットが人気に!

糖質制限ダイエットは、食事を主食の炭水化物(糖質)の食べる量を制限し、血液の血糖値を急激に上昇しないようにしコントロールしてインスリンの分泌量を減らし肥満を予防する方法。

 

さらに、糖質の摂取を抑える事で、最初にエネルギーとして燃焼される糖質が少ないので、体に蓄えられている体脂肪が燃焼しやすくダイエット効果が期待できるのです。

 

糖質制限ダイエットは、砂糖や炭水化物の糖質は制限されますが、その代わりに好きなものを好きなだけ摂っても良いのでカロリー制限が無く、ストレスが比較的少なく実践できることから継続しやすく人気が高いダイエット方法です。

 

しかし、糖質は健康維持には欠かせない栄養素!

 

糖質は、私達人間が活動するために必要なエネルギー源です。1日に必要な摂取カロリーのうち約6割程度の割合で糖質を摂取した方がよいとされています。

 

つまり、糖質は、健康を維持するためには、絶対にある程度の量は必要な栄養素なので、痩せたいからと言って、 極端に糖質を制限することは栄養のバランスを考えると長期間の実践は健康面で安全性に問題があるとする専門家の見方も多いのです。

 

糖質をとらないと・・・

 

糖質を制限しすぎると、エネルギーが消費された際の熱も発生しないので、 体が冷えやすくなり、体が冷えると代謝が低下してしまい、逆に痩せにくくなります。

 

また、糖質を極端に制限すると、脳が栄養不足を察知して危険な状態を回避するために、 糖質の代わりに体内に脂肪を蓄積しようし太ってしまうのです。

 

それに、糖質制限ダイエットをしていると精神面でもイライラしやすくなるともいわれています。

 

このように、糖質制限ダイエットは、メリットもありますが、デメリットもあります。これは糖質制限ダイエットに限らず、やり方を間違ってしまうと他のダイエット方法にも言える事です。

 

ダイエットの良い部分だけ取り入れてみる。

 

そうは言っても、糖質の摂り過ぎはダイエットだけでは無く、健康上にも良くはありません。そこで、糖質制限ダイエットの良い部分だけとりいれてみたらいかがでしょうか。

 

肥満は血糖値を急激に上昇させる食事方法が原因です。血糖値を緩やかに上げる食事方法に改善してみましょう。

 

 日本人の食事摂取基準で必要量としているのが糖質が260g。おおよそ全摂取エネルギーので約60%です。その量をダイエット目的の場合、1日の糖質必要量を半分位の130g前後に抑えましょう。ダイエット中であっても1日の最低糖質量を100g以下にしないことがポイントです。

 

糖質量の目安 ・・・白米ご飯1膳(150g)・・・糖質が約55.65g。

 

今話題のダイエットサポートサプリメント!

デブ菌の画像

 

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク