酵素の種類

MENU

酵素の種類について

 

腸内環境を整えるカギは酵素

ダイエットなど太りにくい体質改善には、腸内環境をきれいに整えることが大切です。それには胃や腸などの内臓機能を休め、体のなかで不要になった老廃物や毒素をきれいに排出するファスティングが効果的です。

 

腸内環境がきれいになると内臓機能が元気を取り戻し、生きるための全ての活動がスムーズに行われるので代謝が高まり、ダイエット効果はもとより、便秘解消や美容や健康維持に期待ができます。

 

この腸内環境には、酵素の働きが大きく関係していますが、酵素の働きはそれだけではありません。人間が生きるため全ての活動に不可欠な物質です。その酵素の働きについての基礎知識を紹介します。

 

酵素の種類について

酵素には3つの種類があり、私たちの体の全身に存在しており、それぞれの役割をもち働いています。

消化酵素

消化酵素は体内でつくられており体内酵素と言われている酵素の一つ。食事で体内に入ってきた食べ物の消化・分解・吸収を行っています。消化酵素がなければ全身に栄養が行き届かないので、体内で最優先して一番最初に作られている酵素です。

代謝酵素

代謝酵素も体内酵素のことです。生きるためのあらゆる活動に使われている酵素です。糖をエネルギーに変える、脂肪を燃焼する、免疫力をつける、細胞の新陳代謝、解毒や老廃物の排泄、物事を考える・・・・これら全て代謝酵素が働いています。

食物酵素

食物酵素は、食べ物が持っている酵素の事です。消化酵素や代謝酵素は体内で作られますが、食物酵素は体の外から取り入れる酵素になります。主に野菜、果物、きのこ、海草類、発酵食品に多く含まれており、食物自ら消化する働きを持っています。しかし高熱に弱いのが弱点です。

 

体内酵素の量は限りがあります

私たちの体の中では何千種類もの体内酵素が全身で活動を続けています。ですので酵素が不足してくると体に様々な問題が発生してきます。

 

一番最初に使われるのは食べ物の消化・吸収する消化酵素ですが、この消化酵素を暴飲暴食を繰り返し大量に使ってしまうと消化酵素が不足してしまい代謝酵素を使いはじめます。

 

すると今度は代謝に使う酵素が不足してしまいます。代謝酵素が不足すると、全身の機能がスムーズに働かなくなり、代謝が低下し太りやすい体質へとなってしまうのです。また新陳代謝も低下してしまいます。

 

新陳代謝とは古い細胞を捨て新しい細胞を作ること。つまり皮膚や髪の毛や爪なども新陳代謝によって常に新しい細胞に入れ替わっているわけです。新陳代謝が悪ければ肌荒れやシミの原因になったりします。

 

また、老廃物や毒素を排出するのも代謝酵素の役目です。代謝酵素が不足すると汗・尿・便などで排出していた老廃物を上手く排出できなくなり体内に溜め込んでしまうわけです。

 

大切な救世主 ”食物酵素”

そこで登場するのが ”食物酵素” です。食物酵素は肉・魚・野菜・果物・発酵食品など食物に含まれています。食物自ら消化する働きを持っているので上手に活用することで体内酵素の消費を抑えることができるのです。

 

ところが食物酵素には弱点があります
食物酵素は高熱に弱く70℃でほぼ全滅してしまうのです。ですので加熱調理した料理には酵素がほとんど含まれていません。

 

生の野菜・果物・海草類・お刺身、発酵食品なら酵素が豊富に含まれていますので、毎日意識して食べるようにしましょう。

 

酵素を摂りながらのファスティングダイエット

1日1食ファスティング(断食)

1日ファスティング(断食)

2〜3日間ファスティング(断食)

まず最初は、1日1食のファスティングで身体を慣らしましょう。初心者の方もこちらからスタートしましょう!

≫詳細ページ

身体が慣れてきたら1日ファスティング(断食)を取り入れてみましょう。前日食べ過ぎた翌日にもお勧めのプランです。

≫詳細ページ

より効果を実感できる短期集中プラン!短期間で成果を出したい方や美肌効果を求めている方にお勧めです。

≫詳細ページ

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク