体内酵素が不足する理由

MENU

体内酵素が減少してしまう原因

 

現在、酵素ブームで健康や美容などに、またダイエットにも酵素が深く関係しており、その酵素の重要性を多くの人が知るようになりました。

 

そのため、酵素に特別詳しくなくても、人間の体に大切な物で、酵素が不足することによって、様々な体のトラブルが起こりやすくなる事は、分かっている方も多いでしょう。

 

酵素は、私たちの体の中で作られています。それを体内酵素、または、潜在酵素と言っています。この、体の中で作られている潜在酵素が、作られる量には限界があり、加齢と共に作られる量が減少すると言われており、また、現代人はさらに、酵素が不足しやすい生活を過ごしていると言われています。

 

年齢と共に感じてくる、肌のシミやしわなど、疲れやすく、風邪など引きやすくなったり、ダイエットを実践しても思うように痩せなかったりなどの様々な体のトラブルも酵素が減少してしまう事が関係していると言われているんですね。

 

この酵素ですが、最初に使われるのが食べ物の消化です。また、解毒、ストレスなどにも使われます。そこで、1日の生活の中で酵素がどのような時に使われているのか見直してみます。

暴飲暴食は酵素を無駄遣いしてしまいます!

まず、食生活です。食物を食べそれを分解・消化するには、消化酵素が必要になります。消化酵素の種類は沢山あります。

 

例えば、

  • 炭水化物を分解する酵素アミラーゼ
  • タンパク質を分解する酵素、ペプシン、トリプシン
  • 脂肪を分解する酵素、リパーゼ

など、摂取した食べ物を食べると、それを消化するために沢山の消化酵素が使われます。

 

食べる量が多ければそれだけ消化・吸収に酵素が使われることになりますので、太らない為にも暴飲暴食はしないように注意が必要です。

 

また、から揚げ、てんぷら、焼肉など、油使った食べ物やお肉などの脂肪の多い食べ物は消化に酵素が多く消費されると言われています。

 

さらに、現代は、インスタント食品などの加工食品を食べる人も多いですが、これらの食品には、保存料や調味料など添加物が使われています。このような添加物は体には良くないものです。早く、体内から取り除くために、たくさんの酵素が使われてしまうのです。

 

その他にも、ストレス、喫煙や飲酒、薬の服用にも解毒作用のため、体内酵素を大量消費する要因となっています。

 

そこで、注目されているのが、野菜、果物、魚、発酵食品に存在する食物酵素です。酵素は植物、動物、微生物など、命のあるもの全てに存在しています。

 

ところが、酵素には熱に弱いと言う弱点があり、48度以上の熱を加えると破壊がはじまり、70度で全滅すると言われています。

 

と言う事は・・・ほとんど加熱調理して食事をしている私たちの食生活ではほとんど、食物酵素は摂れていないのです。そのため、その対策に近年人気なのが、酵素サプリや酵素ドリンクなどです。

 

酵素が不足すると、肥満や病気、だるさなど体にはさまざまな弊害が現れます。このような、サプリメントを利用したり、貴重な酵素を無駄使いしない生活習慣を意識して過ごし、健康や美容を維持していきましょう。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク