酵素を含む発酵食品

MENU

発酵食品は酵素の宝庫!

 

酵素を摂りたい方に、発酵食品はおすすめです。

近年、注目となっている酵素は、生命維持活動に大きく関わっている物質で、健康や美容維持、ダイエット効果には欠かせない物質だと言われています。

 

酵素の量には限りがあり、年齢とともに、作られる量は少なくなると考えられているのです。

 

大切な酵素を、なるべく体内から減らさないようにするために、酵素を食事などから摂取しようとししている人が急増しています。

 

酵素が豊富に含まれている食べ物は、野菜・果物・穀物・海草・きのこ・魚などですが、酵素が熱に弱い性質を持っているので加熱調理してしまうと、ほとんど酵素死滅してしまうのです。

 

そこで、体のために酵素を効率よく摂りたい方にお勧めなのが、酵素が豊富に含まれている食品の代表『発酵食品』です。

 

発酵食品は、野菜や大豆、玄米など様々な植物素材を酵母菌や乳酸菌など、微生物の活性を利用し、長期の発酵・熟成を経て作られた食品です。酵素はその過程で微生物が作りだす物質なのです。

 

これらの微生物と酵素の活性を利用し出来上がった発酵食品は健康維持や美容や肥満対策など、私たち人間には有益に働く食品として医療の専門家からも高く評価されています。

主な発酵食品

発酵食品は世界中の国で作られていますが、その仕上がりは、作られている土地の気温や風通しなど風土によって大きく影響されると言われいます。

 

そのため、国によっても代表とされる発酵食品がそれぞれ違います。たとえば、ヨーロッパで有名な発酵食品と言えばチーズ、ヨーグルト、ワイン、ビ−ルなどがあります。

 

また、美肌で知られている韓国には、キムチや発酵酒のマッコリ、また、調味料では豆板醤、コチュジャン、などはなじみがあります。

 

そして、長寿国と言われている我が日本も、気温、湿度などの環境は発酵食品を作るには適した風土です。昔から、漬物、味噌、しょうゆ、納豆、日本酒、酢などが沢山の発酵食品が作られきており、日本の発酵技術は世界でも認められています。

発酵食品が体に働く良い作用

発酵食品は、腸内の善玉菌を増やして悪い働きをする悪玉菌と戦い善玉菌を増やす作用があります。その結果、腸内環境がきれいに整い体に良いさまざまな効果があります。

  • 抗酸化作用。
  • 美肌作用
  • 免疫力の強化。
  • 便通を良くする。
  • 血液をサラサラにし血栓を予防。
  • 代謝を上げ太りにくい体質改善。

など、発酵食品を食べることで、これだけ体に良い働きがあるのなら、毎日の食卓にぜひ発酵食品を取り入れていきたいですね。

 

腸まで届く乳酸菌フジッコの『善玉菌の力』

善玉菌のチカラ

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク