野菜・果物など食物は酵素が豊富ですか?

MENU

食物酵素について

 

酵素は色々な食べ物に含まれていますが、酵素が含まれているからといってがむしゃらに食べればいいわけではありません。

 

酵素は熱に弱い性質を持つため生で食べるか発酵食品を摂取するかのどちらかになります。また酵素は胃酸への耐性もありませんので、フルーツや野菜から摂取する場合には食前に摂るのが効果的とされています。

 

このように酵素を効果的に体内に取り込むにはいくつかの注意点がありますので、うっかり忘れてしまうとせっかく取り入れた酵素も働かなかったりそのまま排出されることもありますので特徴をしっかり掴んでおくことが大切です。

 

酵素商品は自然界のさまざまな原材料から酵素を集めて発酵させたものであり、手軽にたくさんの栄養素を摂れるのが魅力です。

 

これらは天然素材をベースに集められ、野菜や果物、海藻類、きのこ類、豆類、穀物類、ハーブ類など多岐に渡ります。

 

これらの一つ一つを毎度の食事で摂取していくことは非常に難しいものですので、ドリンクやサプリ、また酵素食品を毎日の日課とすることで体内の栄養バランスが保たれるのです。

 

私たち人間のからだは食べ物から出来ていますので、過剰な油分や添加物ばかり食べていると脂肪が蓄積しやすくなり、新陳代謝が悪くなることから疲れやすいからだとなります。

 

しかし、カrダが必要としている栄養素を補給してあげることで細胞が活性化され、年齢を重ねても活き活きとした美しさを保つことができるのです。

 

野菜・果物・海藻・きのこなど種類が豊富な酵素商品はそれだけ原材料の数も多いので酵素や栄養素もよりいいものである感じがしますが、どんなにたくさんの栄養素が含まれていてもからだへの吸収率が悪ければ意味がありません。

 

酵素をはじめとする栄養成分はからだの中で作用する成分として変換されて始めて効果を成しますので、酵素がもともと配合されている成分か、また酵素を効果的に体内に吸収してくれる加工を行っているかなども含めて商品を選ぶといいでしょう。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク