ファスティング(断食)でアトピーが緩和

MENU

ファスティング(断食)でアレルギー症状が緩和できる理由

 

 

ファスティング(断食)を実践した人の中には、長年悩んできたアトピーやアレルギー症状が緩和できたと実感されている声もよく聞きます。なぜ、断食によってそのような効果が得られるのでしょうか。

アレルギーやアトピーの症状の原因

アレルギーやアトピーの症状が現れてしまうきっかけとなる主な要因は、食べ物のアレルギー、花粉、ペットの毛、ダニやほこりなどのハウスダストなどの外的環境が影響している場合、お肌のバリア機能が低下しているなどの体質的な事が要因となっている場合など、さまざまなことが考えられています。

 

症状は、皮膚にかゆみや湿疹、くしゃみ・鼻みず・鼻づまりなどの症状が現われてしまいますが、このような症状が起きてしまうのは免疫機能の低下や腸内環境の悪化が影響しているのではないかと言われています。

原因1:免疫機能低下の原因

免疫機能は、免疫細胞のバランスが保たれていることで正常に機能しますが、ストレスや偏った食生活など不規則な生活習慣を続けていると免疫細胞のバランスが保てなくなり、免疫機能が低下してアトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症といったアレルギー症状が見られるようになると考えられているのです。

 

特に気をつけたいのが食生活です。偏った食生活や添加物の多い食品を食べ続けていると、食べ物から様々な有害物質を体内に摂り込んでしまうからです。

 

免疫機能の低下は体内に溜まった毒素が原因?

 

昔とは違い、現代は加工食品が増えてきたこともあり、食べ物から有害物質を体内に摂り込んでしまう機会も増えています。加工食品には、保存料、着色料、甘味料、香料といった食品添加物が使用されています。

 

また、加工食品以外にも、野菜の栽培などでは農薬といった危険もあります。これらの有害物質が体内に毒素として溜まってしまうことで、免疫細胞に異常が起こってバランスが保てなくなり、免疫機能が低下してアレルギー症状を発症してしまうというわけなのです。

 

原因2:腸内環境の悪化

腸内環境の悪化の大きな原因が食生活です。腸内環境を整えるには、良質なタンパク質とビタミンやミネラル、繊維質を多く含む食物繊維、善玉菌の餌となる糖質のオリゴ糖などの食品が必要になります。

 

しかし、肉食が多い欧米化の食事やコンビに弁当にレトルト食品など・・・バランスのよい栄養や食物繊維を多く含む野菜がほとんど摂れていない食事習慣の人が増加しています。

 

このような食生活を長年続けていることで、便秘になってしまったり、体に有害な毒素などが溜まってしまいます。

 

ファスティング(断食)で毒素を排出してアレルギー症状を緩和

つまり、アレルギー症状を緩和させるためには、アレルギー症状の原因となる免疫機能の低下を引き起こしている体内に溜まった毒素を排出して取り除いてあげることも大切なのですね。

 

体内に溜まった毒素は、ファスティング(断食)を行うことで効果的に排出することができます。ファスティングとは、断食をして胃腸を休めて一度リセットすることです。胃腸の機能を回復させて、体内に溜まっている毒素の排出がスムーズに行われるようにするデトックス法のことです。

 

また、人間は食べ物が断たれ危機的な状況になると、自分を守ろうとして白血球を自然に増加し始め抵抗力を強めるとも言います。

 

毎日の食事の1食だけでも、野菜や果物を発酵・熟成させた今話題の酵素ドリンクやスムージーなどに置き換えることで、体に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を摂りながら無理なく健康的にファスティングすることができます。

 

すると、毒素の排出がスムーズに行われるようになり、免疫機能を高めることができるため、アレルギー症状を緩和することができるのです。

 

ファスティングで一番使われている人気のドリンク!

■ 40万本突破した断食道場が開発した完全無添加『優光泉酵素』
『優光泉酵素』が多くの人に支持されている理由は確かな実績です。酵素ブームなる遥か前から飲まれ続けられ25年のロングセラー。断食道場がファスティングノウハウを詰め込んで開発した完全無添加の酵素ドリンクです。

 

地元九州の野菜を中心に厳選した60種類の素材を使用して発酵・熟成し完成。酵素エキス1ccの中には数百万の酵母菌が生きたまま入っています。

くわしく見てみる

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク