断食とオートファジー機構の関係

MENU

断食すると若返る!?

アンチエイジングで注目されているサーチュイン遺伝子の研究に取り組む、日本腎臓学会 金沢医科大学教授 古家大祐先生によると、ファスティング(断食)をすることでオートファジー機構が活性化され若返りの期待が!

 

若返りのためには断食をすると一個一個の細胞が若返るという研究が非常に着目されているそうです。この内容は、NHK総合「教えてガッカイ!」で、題して「1年分を3日で若返りたい!」で放送された内容です。
知らないと損をする!?知っていて得する内容です。

 

若返りの遺伝子 サーチュイン遺伝子

皆さんは”サーチュイン遺伝子 ”という言葉をご存知ですか?

 

「若返り遺伝子」「長寿遺伝子」とも呼ばれている遺伝子で、2000年に米国・マサチューセッツ工科大のレオナルド・ガランテ教授が酵母の中から発見されたそうです。
その後の研究で人間にもこのサーチュイン遺伝子が存在することがわかっています。

 

このサーチュイン遺伝子が、体内の細胞内でスイッチがオンになると活性化されます。すると、全身の細胞の中に存在しエネルギーを産生するはたらきをしているミトコンドリアが増えると共に、老化要因を抑え、細胞を若返らせる働きをしている「オートファジー」という機構が働きます。

 

若返りのカギはこの「オートファジー機構」なのです。

 

オートファジー機構とは?

そもそも、私たち人間は日々暮らしていくうちに細胞に要らなくなったいろんな老廃物が増えてきます。オートファジー機構は、飢餓に備えて細胞内にたまった老廃物を分解して、きれいに掃除をしてくれる仕組みのことです。

 

注目点は、赤文字の「飢餓に備えて」と言うところです。つまり空腹の状態のときオートファジー機構は活性化されやすいと考えられているのです。

 

オートファジー機構がしっかり働いてくれると、それに伴い、老化の原因活性酸素の除去、細胞の修復、脂肪燃焼、シミやシワの防止、動脈硬化や糖尿病の予防など身体に良い働きをしてくれるのです。

 

そこで、マウスを使い研究が行われました。マウスを断食させると、このオートファジーが活発になることがわかったのです。

 

では人間にも効果があるのかも・・・と言うことてで、古家大祐先生の研究室の4人に断食を実践してもらい検証実験が行われたのです。

 

 断食検証のルールは3つ!

  1. 時間は48時間
  2. 口にできるのは水だけ
  3. 過ごし方は自由

断食後、血液検査をしたら4人の内3人は、オートファジーが活性化した可能性があるという検証結果になったのです。

 

実際、検証で断食を体験した人からは、肌がきれいになったとか、疲れにくくなったなど、体に良いさまざま効果を実感されていました。

 

まだまだ研究段階とはいえ若返りに期待できそうですよね。早速あなたも断食を試したくなりませんか?

 

くれぐれも体調の良いとき時を選んで、自宅でチャレンジする場合は最大でも2日間までの短期間で行ってくださいね。

 

ファスティング(断食)プラン

1日1食ファスティング(断食)

1日ファスティング(断食)

2〜3日間ファスティング(断食)

最初は、1日1食ファスティングで身体を慣らしましょう。初心者の方もこちらからスタートしましょう!

≫詳細ページ

身体が慣れてきたら1日ファスティング(断食)を取り入れてみましょう。前日食べ過ぎた翌日にもお勧めのプランです。

≫詳細ページ

より効果を実感できる短期集中プラン!短期間で成果を出したい方や美肌効果を求めている方にお勧めです。

≫詳細ページ

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク