不食の効果について激辛コメント!

MENU

不食の効果について

 

テレビで俳優の榎木孝明さんが、30日間の「不食」生活を終えて10kg近く痩せたという報道がされました。また、不食後のはじめての食事の風景も放映されていましたが、あれを見た友人から、私のところへ沢山の連絡をもらいました。

 

私達が行っているファスティングも「不食」と同じような感覚で行っていますので、少し驚いたのも事実ですが、どう見てもテレビ用の演出とか思えません。今日は、不食の効果について私達の考え方をまとめてみました。

 

★不食とは?

 

そもそも不食とは何なんでしょうか?文字から推測すると「食べないこと」ですが、私達がやっている「ファスティング」や「断食」などと同様な気もします。ハッキリ言えば違いが分らないというのが真実です。

 

榎木さんは記者会見で「不食とは」食欲と闘わずして食べない行為で「不食」に対して賛否両論があることを理解していると発言しています。食べないことを推奨している訳ではなく「食べないことで自分の意識がどうのように変わるか試す」という目的で行ったという話です。

 

この榎木さんの不食生活が色々な番組で取り上げられましたが、どの番組も専門家の意見は「不食」を勧めるものではありませんでした。コーヒーやお茶は飲んでOK!途中血圧が上がったので塩分と糖分を摂るために塩あめを食べたそうです。ちなみに体重は80kgから71kgまで落ちたそうです。

 

 

不食はお腹が空かないって本当?

 

また榎木さんは、不食生活中にお腹が空くことは無かったそうですが、これは私達のファスティングでも同様の現象があります。

 

人によって最初の1日から2日は、もの凄い空腹感を感じる方がおられます。しかし苦しい時期を我慢することができれば、嘘のように空腹感をかんじなくなります。

 

榎木さんは鰻の蒲焼のニオイを買いでも食べたいと思わなかった!と言っていましたが、それも本当だと思います。

 

それくらい食べることに意識がなくなる点も「不食」と「ファスティング」は似ています。

 

ただしファスティングでは、榎木さんがやったような30日の不食生活は行いません。あくまでも短期間でできる1日ファスティングや3日ファスティングが基本です。

 

長期間ファスティングを行う場合は、1日1食もしくは2食を食べない方法です。やはり30日間の不食というのは無謀としか思えません。

 

スポンサーリンク

 

30日間の不食の効果とは何?

 

さて「不食」の効果についての質問も多かったのですが、30日間の不食生活の効果については私達には分りませんが、短期間のファスティングの場合の効果を考えて見ましょう。

 

人は生まれてから、ほぼ毎日栄養を補給していますから、消化器系の内臓は休むことなく働き続けています。同時に体内には老廃物をはじめ、余分な脂肪やコレステロールが蓄積しています。

 

一時的に食べることを辞めると消化器系の内臓の活動が激減します。それに伴い体内に溜まった宿便など老廃物の排泄は行われますので、胃や腸がクリーンな状態になります。不食も同様に、このようなデトックス効果がある訳です。

 

また栄養を摂り続けていたために血液中には、中性脂肪やコレステロールが多い状態が続いていたので、栄養の摂取を辞めると血液がサラサラになります。同時に血管内に付着していた悪玉コレステロールなどもデトックスされます。

 

さらに食べない期間が続くと体の中では、生命を維持したり活動するための栄養が入って来ないので緊急事態と判断します。

 

このような緊急事態のために貯蓄してある栄養素が、内臓脂肪や皮下脂肪です。

 

この蓄積した脂肪を基礎代謝や活動するために必要な栄養素として使いますので、余分な脂肪は消費されて行きます。

 

以上のように不食やファスティングには、デトックス効果や脂肪を消費する効果があります。また胃腸がリセットされた状態になり体調も良くなるという効果もあります。

 

ただしファスティングは短期間で効果を期待するものです。30日間の不食をしても逆に体に負担がかかるように思えます。

 

私が読んだ文献の中に宗教的な断食の本が多いのですが、その中では長期間の断食をすると「短時間しか寝なくても頭がスッキリ」とか「記憶力が抜群にアップする」など驚くような話が紹介されています。中には「視力が回復した」という話もあります。

 

また断食道場で行う2週間程度の断食でも、血液検査の数値が正常値になったという話は有名です。この2週間程度の断食の場合でも「減食」という事前準備と「断食期間」と「復食」という断食後の回復方法まで、しっかり管理されています。

 

榎木さんが不食後にアルコールを飲んだり、レストランでいきなり食べていましたが、ちょっと疑問に思うような行動です。この点は、多くの専門家も批判していました。

 

ということで「30日間の不食の効果」についてはハッキリ言えませんが、当サイトとしては推奨していません。短期間のファスティングでも十分効果が期待できますので、興味のある方は当サイトを参考にファスティングに挑戦してみませんか?

 

 

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは?

 

1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

 

詳しくはコチラ!

 

デブ菌の画像