ファスティングで血液サラサラ効果

MENU

ファスティング(断食)で血液がサラサラになる理由

 

ファスティング(断食)をすることで血中コレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果があるといわれている理由についてまとめています。

 

 

血液ドロドロの危険性

脂質や糖質の摂りすぎは血液をドロドロにする
現在、日本国内の高血圧患者は約4,000万人ともいわれており、さらに予備軍と言われる人が約1,500万人もいるといわれています。この高血圧は生活習慣病の一つで医療において大きな社会問題になっています。

 

高血圧の原因はさまざまですが、現代社会の乱れた生活習慣が問題視されており、この生活を続ける事で血液がドロドロになって、様々な病気を引き起こす引き金になると考えられています。

 

悪い生活習慣の中でも特に原因として言われているのが食生活です。栄養バランスが偏り、脂質や糖質が多く含まれている食べ物を深夜の時間にも関われずたくさん摂りすぎると、血液は次第にドロドロとした状態になって流れが悪くなってしまいます。

 

この高血圧が恐ろしい病気だと言われているのは、自覚症状がないからです。知らない間に血流が悪化し、そのまま放置してしまうと、心臓病、脳卒中、糖尿病といった命に関わる病気を発症しやすくなるリスクが高いのです。

 

これらの生活習慣病の発症リスクを回避するためには、ドロドロ血液をサラサラ血液に変えてあげる必要があります。その鍵を握るのは血中コレステロールです。

 

血中コレステロールの抑制で血液がサラサラになる

血中コレステロールとは、血液に中に含まれるコレステロールのことです。私たち人間が生きていくために重要な役割をしており必要不可欠なものなので不足してしまうのもよくありませんが、摂りすぎも体にはよくないのです。

 

毎日、脂肪の多い食事を食べ過ぎているといった事に心当たりはありませんか?

 

脂質や糖質が多く含まれている食べ物をたくさん食べて摂り過ぎると、血中コレステロールの量が増えて、血液をドロドロな状態にして血の巡りを悪化させてしまいます。

 

さらに、そのまま放置していると、コレステロールが血管の内壁にこびりついて蓄積されてしまい、よく言われている血管が詰まってしまう“動脈硬化”を引き起こし、心臓病や脳卒中といった病気を発症してしまう危険性が高いのです。

 

そうならないためには、血液をサラサラにして流れをよくすることが大切です。それには、血中コレステロールの量を抑制する必要があります。

 

ファスティング(断食)で血中コレステロールを取り除いて血液を浄化

血液をサラサラにして流れをよくするためには、脂質や糖質を含む食べ物を控えた食生活をして血中コレステロールの量を抑制しなければなりませんが、実は、ファスティング(断食)を取り入れる方法も、血中コレステロールを取り除き、血液を浄化してサラサラにする事ができると注目されているのです。

 

ファスティング(断食)を行うことで、体内には食べ物が入ってきません。すると生きるために必要な脂質は体内に蓄積されている、血液中の脂質や中性脂肪や皮下脂肪などが使われ代謝機能が活性化します。

 

つまり、一度断食で体内環境をリセットすることで、血液中のコレステロール値を下げる効果が期待できるのです。代謝機能が活発に働くと、増えてしまった血中コレステロールを取り除いて減らすことができ、血管内をキレイな状態に生まれ変わります。

 

そして、コレステロールが取り除かれて血液がサラサラの状態に浄化されると、血の巡りがよくなり、心臓病、脳卒中、糖尿病といった病気を予防することにつながるのです。

 

優光泉

 

ファスティング(断食)プラン

1日1食ファスティング(断食)

1日ファスティング(断食)

2〜3日間ファスティング(断食)

まず最初は、1日1食のファスティングで身体を慣らしましょう。初心者の方もこちらからスタートしましょう!

≫詳細ページ

身体が慣れてきたら1日ファスティング(断食)を取り入れてみましょう。前日食べ過ぎた翌日にもお勧めのプランです。

≫詳細ページ

より効果を実感できる短期集中プラン!短期間で成果を出したい方や美肌効果を求めている方にお勧めです。

≫詳細ページ

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク