アマニ油の効果

MENU

健康維持やダイエットにアマニ油の効果

最近注目の油といえばアマニ油。健康情報番組で池谷敏郎先生が体に良くてドクター自身がダイエットに成功した油としてお勧めしていることもあり、今大人気の油ですが、少しお高いのが難点。しかし、少々高くても毎日摂るようにした方が体によいメリットがたくさんあります。では、そのアマニ油の特徴を紹介したいと思います。

 

アマニ油に含まれている主な3つの栄養素

亜麻(アマ)という植物の種子から抽出したアマニ油には、脂肪酸・リグナン・食物繊維の3つの栄養素が豊富に含まれています。アマニ油に含まれている脂肪酸は、オメガ3必須脂肪酸のグループに属するα-リノレン酸とオメガ6必須脂肪酸のグループに属するリノール酸の2つです。

 

これらの必須脂肪酸は、体内で合成して作り出すことができないため、食事で摂っておく必要があります。油なのでたくさん食事で摂ると体に良くないイメージがあるかもしれませんが、アマニ油は、コレステロール値を下げる働きがあるので、少々摂りすぎたとしても太る心配はありません。

 

特に、α-リノレン酸は、体内に入ると青魚にたくさん含まれていることで有名なDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)に変換される性質があります。さらに、ポリフェノールの一種であるリグナンは、大豆イソフラボンと同じような働きがあり、食物繊維は、水溶性と不溶性の両方がバランス良く含まれているます。

 

3つの栄養素が健康維持とダイエットを強力サポート

アマニ油に含まれているα-リノレン酸は、体内に入るとDHA・EPAに変換されますが、DHA・EPAには、血液をサラサラにする働きがあるため、動脈硬化の予防に効果があります。そして、α-リノレン酸には、コレステロール値を下げるだけでなく、血圧を下げる働きもあるので、肥満や高血圧の予防にも活躍してくれますし、他にも、アレルギーを抑制したり、免疫機能の改善、脳機能の活性化などの効果もあります。

 

ポリフェノールの一種であるリグナンは、大豆イソフラボンと同じで、女性ホルモンのエストロゲンのような働きをしてくれるため、女性ホルモンのバランスを整えて更年期障害の症状改善に効果があることがわかっています。また、女性ホルモンは骨の新陳代謝に関わっているため、リグナンを摂ることで、骨粗しょう症の予防もできるのです。

 

アマニ油には、水溶性と不溶性の両方の食物繊維が含まれています。水溶性は水分を吸収すると粘性が高いゲル状になり、胃腸内をゆっくり移動するので、満腹感を持続させて食欲を抑えられてダイエットに有効です。不溶性は水分を吸収すると大きく膨らんで腸を刺激し、腸のぜん動運動を活発にするため、便秘の改善に効果があります。

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク