基礎代謝と筋肉の関係

MENU

基礎代謝と筋肉の関係

 

ダイエットしても中々痩せなかったり、痩せてもまたリバウンドしてしてしまうのは基礎代謝の低下が原因。

 

基礎代謝とは、運動など体を動かさないで、呼吸や体温調整など生きるために必要な消費エネルギーの事。
1日のエネルギー消費量の7割はこの基礎代謝で消費していると言われます。

 

脂肪を燃焼させるには運動が一番カロリーを消費すると思っている方もいるかと思いますが、
1kgの脂肪を燃焼するために必要なカロリーは7200kaclです。
ウォーキングを10,000歩しても消費カロリーはたったの300kaclです。
いかに、基礎代謝を高めることが最短で痩せる方法かわかります。

 

基礎代謝でエネルギーが消費されるのは筋肉です。

 

ファスティングダイエットを紹介しているほかのサイトは、ファスティングだjけで簡単に痩せられるような説明をしていますが、筋肉が弱っている人は、どんなにダイエットを実践しても、痩せることはできませんし、上手く痩せてもリバウンドします。

 

理想のダイエットは痩せながら、基礎代謝を高め、痩せた後も太らない体質にすることです。つまり痩せる過程で、筋力を高めなければ基礎代謝を高めることは出来ません。

 

基礎代謝の脂肪燃焼力について

真剣にダイエットに取り組んでいる人も意外としらないのが、基礎体力の脂肪燃焼力です。

 

まず覚えて欲しいのが1日消費エネルギーの7割が基礎代謝で消費されているのです。
これって凄いことだと思いませんか?

 

もし運動でダイエットする場合に1kgやせるためには、7200kaclの運動が必要になります。
例えば軽いジョギングを15分行っても、わずか80kaclしか消費できません。

 

つまりジョギングで1kg痩せようと思ったら、約22時間も走り続けなければなりません。
あらためて基礎代謝の意味を説明するならば・・・なにもしなくても消費するエネルギーのことです。

 

心臓や呼吸など様々な臓器は、昼でも夜でも止まることなく動き続けています。
寝ている時だって体温を維持したり、呼吸して消費するエネルギーなのです。

 

このように何もしなくても生きているだけで消費するエネルギーが基礎代謝です。
この基礎代謝で使ったエネルギーに体を動かすことに使った、
エネルギーをプラスしたのが1日の消費エネルギーの合計になります。

 

その合計した消費エネルギーの7割が基礎代謝で消費されるのですから
運動をして消費するエネルギー量より脂肪燃焼力が凄いのが分るはずです。

 

しかし、残念なことに基礎代謝は歳とともに低下します。
年齢、体重、身長、性別によって人それぞれ基礎代謝量は違いますが
15歳をピークに歳と共に低下する老化現象の一つなのです。

 

女性で15歳の平均基礎代謝量は、約1300kaclと言われています。
食事で摂る1日のカロリーが1800kaclであれば、残り500kaclは活動で消費しなければなりません。
30歳を過ぎ40歳に近くなると平均基礎代謝は1100kacl台まで低下します。

 

活動量が同じ(500kacl)で、食べている量が同じ(1800kacl)なら、基礎代謝が低下した分(200kacl)が
カロリーオーバー分となり、それが毎日続くのですから、1ヶ月にすると6,000カロリーオーバーです。

 

体重1kgが7200kaclに相当するのですから、6000kaclは約1kg太る計算になります。
若い頃は痩せていた方が、歳とともに太りやすくなる仕組みといってもいいでしょう。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク