ユーグレナ・ファームの緑汁のミドリムシ

MENU

ミドリムシ(ユーグレナ)の青汁よりも優れている特徴とは?

 

青汁は野菜の栄養素を補うだけですがミドリムシは動物・野菜・魚の栄養素が補える!

テレビなどのメディアで最近良く聞くようになったミドリムシ。抹茶?それとも青汁?右の写真の緑の粉末の中には、話題の素材、和名ミドリムシ(学名:ユーグレナ)が豊富に入っています。

 

ミドリムシは、約0.05mmという小さな微生物でムシではありません。ワカメや昆布と同じ藻類に属しています。このミドリムシが注目されているのは栄養価の高さです。

 

近年、健康維持のために多くの人に支持され飲まれている青汁は、植物の豊富な栄養素が補えることで知られています。ところが、ミドリムシは、植物だけではなく、動物の特徴も兼ね備えているため、両方の栄養素を補うことができる究極の食材なのです。

 

でも、ミドリムシは昔からあったのに、これだけ優れた食材なのに今まで注目されなかったのでしょう?実は、ミドリムシは海の中で他の微生物のエサになってしまい食べられてしまっていたんだそうです。そこで、東京大学と東京大学内に研究所を構えるベンチャー企業が協力して世界で初めてミドリムシの培養に成功したのです。

 

その栄養素は、野菜や魚・肉などに含まれているビタミン14種類、ミネラル9種類、アミノ酸18種類、また、生活習慣病対策に注目されているDHA・EPAといった不飽和脂肪酸、さらにスリムをサポートするパラミロンといった、59種類の豊富な栄養素をバランスよく摂取することができます。

 

【野菜・肉・DHA・EPAなど魚に含まれる59種類の栄養素】

ビタミン類 α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸
ミネラル類

マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

アミノ酸類 バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン
不飽和脂肪酸 DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸
その他 パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

※参考 : 株式会社ユーグレナ ホームページ

 

ミドリムシは野菜以上の消化率!なんと驚きの93.1%!

ミドリムシが優れていると言われている、もう一つの理由が消化率が高い事です。

 

野菜には細胞壁というものが存在しています。そのため体内で野菜を消化する際の妨げになってしまい栄養素の消化効率を悪くしてしまいます。野菜の種類にもよりますが、大体吸収率は約40%と言われているそうです。一方、魚や肉には、この細胞壁が存在しないので、スムーズに消化が行われます。

 

では、ミドリムシの場合はどうかと言うと、ミドリムシには、この細胞壁が存在しません。そのため93.1%という抜群の消化率を誇ります。

 

スリムとスッキリをサポートするパラミロンとは?

また、ミドリムシにはパラミロンという成分が含まれています。パラミロン・・・あまり聞き慣れない名前ですが、このパラミロンには、食物繊維と同様の性質があることがわかっています。腸にある余分な脂肪を吸収して体外に排出してくれる性質をもっているのです。

 

パラミロンの表面は、スッポンジのようなミクロホールと呼ばれる無数の穴が開いています。腸内で移動する際にその穴に余分な脂質のコレステロールや体によくない不要な物質を吸収します。パラミロンは、食物繊維のように難消化性なので人間の消化酵素では消化することできません。そのまま体の外に排出され腸内をキレイな状態にしてくれるのです。さらに、痛風の原因になるプリン体も外に排出してくれると言うのです。

 

つまりミドリムシ(学名:ユーグレナ)は、体に必要な栄養素はしっかり吸収しながら、体に不要なものは排出してくれる、大変優れた自然素材なのです。しかもカロリーがゼロ。ダイエット効果抜群の食材です。

 

目安の摂取量は、野菜やお肉などバランス良い食事を摂っている方なら1日小さじ4分の1(0.5g)位。この程度の少な量でOKなんです。

 

地球を支えるかもしれない!

このような高い栄養価を持つミドリムシは、忙しい現代人の食生活で足りない栄養を補うことができ、また、発展途上国などで栄養不足に苦しんでいる人々に役に立つ自然素材として大きな可能性を持っています。

 

さらに、ミドリムシは食品以外にも研究が進められており、実は温暖化対策にも期待が集まっているのです。ミドリムシは植物の性質を持っているので光合成によって太陽と水と二酸化炭素で育ちます。

 

その成長しているとき、高い二酸化炭素(CO2)の吸収力があることがわかっており、CO2削減に期待が集まっているのです。最近の研究においては、肥料やバイオ燃料もつくれることがわかっており、将来は飛行機や自動車などの燃料として利用できるように研究が進められています。

 

 

ユーグレナ・ファームの緑汁

 

世界で初めて食用ミドリムシの培養に成功!

 

この食用ミドリムシの培養に世界で初めて成功したのが株式会社ユーグレナです。現在の代表取締役である出雲氏が東京大学に在籍中の20才の時、同じ大学農学部に在籍しておりミドリムシの研究をしていた、現在、株式会社ユーグレナの研究開発担当取締役 鈴木氏から、ミドリムシ(学名:ユーグレナ)を紹介されます。

 

その優れた性質と大きな可能性にひかれ、当時はまだ培養技術が確立していない状況にもかかわらず、ミドリムシの大量培養技術の研究を進めていきます。

 

そして、2005年8月に株式会社ユーグレナを設立し、同じ年の12月には、東京大学、大阪府立大学、近畿大学等の研究室や企業の協力により、世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功しました。

 

ミドリムシの誕生は沖縄県石垣島!

ミドリムシの屋外大量培養が行われたのは豊かな自然が残っている沖縄県石垣島。石垣島の水はミネラルが豊富で水質の良いことで知られています。そこで誕生したミドリムシ(学名:ユーグレナ)を「石垣産ユーグレナ」と名づけ商品化に!

 

ユーグレナ・ファームの緑汁
59種類の栄養素が入っているミドリムシ500円で試してみませんか?

 

株式会社ユーグレナが、ミドリムシをご家庭で手軽に飲めるようにつくられた「ユーグレナ・ファーム緑汁」が初回限定で1週間分500円で試せるセットが用意されています。

 

私たちに日本人は野菜や魚の摂取量が不足し、肉の摂取量が増えている傾向にあることが厚生労働省の調査によって明らかになっています。

 

しかし、人間の体は野菜や魚ばかりでなく、肉もバランスよく摂取することで、健康を維持することができます。

 

最近では、栄養価が高く野菜不足を手軽に補えることで青汁が人気ですが、一般的な青汁では、野菜の栄養素は補えても、魚や肉の栄養素も一緒に補うことはできません。そんな青汁の欠点を補い、野菜だけでなく肉や魚に含まれる栄養素もバランスよく摂取できるのが、ユーグレナ・ファームの緑汁です。

 

ユーグレナ・ファームの緑汁は、自然由来の植物性・動物性両方の栄養素59種類を含むユーグレナ(ミドリムシ)を配合。さらに、有機栽培の大麦若葉や明日葉も使用していますので。栄養価が高いドリンクとなっています。

 

 

お得な1週間分お試しセット情報!

初めての方は、とりあえず試してみたいけど、商品の価格が高かったり、実際に試してみて満足いかなかった場合のことを考えると、不安でなかなか手が出せなかったりします。そこで、ユーグレナ・ファームの緑汁には、初めて購入する方向けの「初回限定1週間分お試しセット」が用意されています。

 

通常価格で購入した場合、、ユーグレナ・ファームの緑汁1週間分(1包3.5g/7包入り)1,029円と送料500円を合計した1,529円かかるところ、初回限定1週間分お試しセットでは、たった500円で購入することができます。

 

さらに、このお得な価格に加えて、クーポン券500円分・ユーグレナのことがよくわかる冊子・送料無料などの特典も付いてきます。なので、初めてで不安な方は、まずは、試しに1週間飲んでみることをオススメします。

 

 【送料無料】TV・雑誌で話題のユーグレナ(ミドリムシ)500円

 

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク