冷え症の人がやってはいけない入浴方法

MENU

冷え症の人がやってはいけない事

 

 

女性に多い冷え性。血液の流れが悪くなり、主に手足が冷えてしまい、それに伴い肩こり、睡眠不足や腰痛などの症状が表れてしまいます。そうならないように、多くの女性が冷え性対策を行っていますが、実は、冷え性な女性がやりがちな間違った対策方法があるんだそうです。

 

それを指摘したのが、内科医でこれまでに1000人以上の冷え性患者を診察してきた石原 新菜ドクターです。石原先生が指摘した、冷え性の人がやってはいけない対策とは入浴方法です。

 

ぬるま湯での半身浴やっていませんか?

 

実は、ぬるま湯で長時間の半身浴は冷え性の人がやってはいけない入浴方法なのです。

 

石原先生の話によると、冷え性の人は、ぬるま湯に入った時点で、ぬるいと感じたら体は温まらないそうです。

 

しかも、半身浴で上半身は長時間外に出ているので逆効果になってしまうので半身浴は避けた方が良いとのこと。

 

では、冷え性の人にオススメの入浴方法とは?

 

そこで、石原ドクターがオススメの冷え性の人の入浴方法が333入浴方法。

 

【333入浴方法】

  1. 41℃〜42℃位のお湯に入って肩まで3分間浸かります。
  2. そして湯船から出て3分体を洗います。
  3. 再度、肩まで3分湯船につかります。

これを3回繰り返す。そうすることで、全身が温まり汗がでてくるそうです。

 

ちなみに、この方法は30分間ジョギングしたのと同じくらいの消費カロリーなんだそうですよ。ダイエット効果の期待もできるので、女性の方は是非今日から実践してみましょう!

 

そして、もう一つやってはいけないこと!

 

その他に冷え性でやってはいけないことが、水をたくさん飲むことなんだそうです。多くの女性が水分をたっぷり摂る事は代謝アップにつながると思っていませんでしたか?

 

しかし、運動などして体を動かして汗を出している人は水分を摂っても大丈夫ですが、デスクワークなど、机の上でする仕事の人など、運動しないで汗もかかない人がたくさんの水を飲むと、カラダに水が溜まって濡れた水着を着ている状態になって冷えてしまうそうです。体を動かさない時の水の飲みすぎには注意しましょう。

 

冷え性のタイプ

冷え性にはタイプがあるのを知っていましたか?
冷えてしまう箇所が違うだけでなく、冷えてしまう原因にも違いがあるんだそうです。主に3つのタイプに分かれるんだそうです。

 

四肢末端型冷え性 手足が冷たくなる冷え性。ダイエットなどの食事制限で熱を作り出すカロリー不足や運動不足が原因で10代〜30代のやせている人に多い。
下半身型冷え性 主に加齢が原因で加齢によりお尻の筋肉凝り固まり下半身に血液がいかなくなる冷え性。
内臓型冷え性 手足は温かいのに内臓が冷えて冷たい。年齢は問わない。

特に内蔵型冷え性の場合は、内臓の血流が悪くなり働きが落ちてしまうので、免疫力が低下してさまざまな体のトラブルが起こりやすくなってしまいます。早めに対策する必要があります。

 

日常で手軽にできる対策方法は、大切な内臓を温めることができる24時間腹巻をする事がオススメなんだそうです。

 

内臓が温まることで、全身が温まるので冷え性改善につながります。最近は、おしゃれな腹巻が揃っているので一度探してみてはいかがでしょうか。

 

体温の約4割が筋肉から作り出される!

 

そして、運動をして筋内をつくことも大切です。体温の約4割が筋肉から作り出されています。筋肉量が増える事で体温も上昇して冷え性が解消されます。

 

男性に冷え性の人がいないのも、男性には筋肉量が多いからだと考えられているそうです。

 

石原ドクターお勧めの簡単ストレッチ!

 

家の壁を使って、立ったままやる壁腕立て伏せを1日30回くらい。

 

もう一つ、石原ドクターお勧めの簡単ストレッチ!

  1. 椅子に座って足を軽くそろえる
  2. 体を右にねじる
  3. 息を大きく吸ってお腹を膨らませる
  4. さらに右にねじる、そのまま息を止めて5秒キープ
  5. 吐きながら体を戻す。

これを左右3回づつ行いましょう。

 

ご紹介した方法は、どれも手軽に実践できることばかりです。冷え性を改善するには、簡単できることを継続して実践することが大切です。今日から実践して冷え性を改善していきましょう。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク