痩せる ホルモン

MENU

40代からきれいに痩せるためのホルモンをつくる3つの要素!

 

年齢と共に増えるこんな悩み!

 

  • ダイエットしても、なかなか痩せない。
  • 若いころと食べる量は変わらないのに太りやすくなった。
  • お腹のポッコリが気になる。

など、年齢と共に感じるダイエットの悩み。このような太りやすい原因の一つがホルモンバランスの崩れ。

 

だからと言って、あきらめるのは早い!

 

このホルモンバランスを整えることは可能なのです。実は痩せやすいホルモンバランスを作る三大要素と言うものがあるのです。

 

それについて、ホルモン治療の第一人者 藤森徹也医師がテレビ番組『バイキング』にて詳しく解説していました。

 

藤森ドクターの話では、40代になると男女問わず、痩せにくい体質になってしまいますが、それは3つの要素が足りなくなるからだそうです。その3つの要素とは

  1. 若返りホルモンのDHEA
  2. アミノ酸
  3. ビタミンD3

この3つです。それぞれの要素について説明していきます。

 

■若返りホルモンDHEAとは

男性ホルモンと女性ホルモンの ”もと” になるのが 『DHEAホルモン』です 。老化をくいとめるホルモンとして注目されていますが、このホルモンの分泌量は、20代でピークを迎えますが、その後、急激に分泌量が減少し、40代になると20代の半分になってしまい、80代ではほとんど分泌されなくなってしまいます。

 

DHEAホルモンの分泌量の数値が下がってしまうと、体が錆びる=細胞が傷つく、つまり老化がおきると考えられています。と言うことは・・・このDHEAホルモンが何歳になっても体の中に存在していれば老化を抑えてくれるわけです。

 

実は、美容大国アメリカでは、すでにDHEAはサプリメントとして販売されているそうです。しかし、日本では医薬品として扱われているので店頭での販売はしていません。その為なかなか手には入りません。

 

ならば、つくってしまえばいい!

 

ですの、こDHEAホルモンを体の中で作らなくてはならないのです。そこで、必要となる栄養素が、ビタミンB6とマグネシウムが必要なのです。

 

ビタミンB6を含んだ食材 マグロ、カツオ、サケ
マグネシウムを含んだ食材 アーモンド、するめ、カシューナッツ

などですが、これらを毎日バランス良く摂取する必要があります。

 

まてよ・・・これって難しくないか?

 

そこで、お勧めの食材が、ヘンプシードです。ヘンプシードには、ビタミンB6とマグネシウムこの2つの栄養が豊富に含まれています。

 

ところで、ヘンプシードってなに??

 

私も初めて聞いたんですが、アメリカではすでに大人気で、チアシードにかわるスーパーフードはヘンプシードだと言われているそうです。

 

「麻の実」のことで、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルとビタミンがとっても豊富。

 

ヘンプシードの食べ方

 

ヘンプシードの味は、アーモンドやナッツのような味でとっても美味しいそうです。

 

サラダやご飯にかけて食べると美味しくいただけるそうです。納豆に入れても美味しくいただけるそうです。

 

■次の要素 アミノ酸がなぜダイエットに良いのか

アミノ酸は、筋肉量を増やします。それによって代謝がアップするので脂肪が燃えやすく痩せやすくなるのです。

 

ちなみに、アミノ酸が減ると、胸の大胸筋が減り、胸からしぼんでしまうことになってしまうそうです。女性はアミノ酸を摂らないダイエットは避けた方がいいですね。

 

そこで、お勧めの食材が卵

 

アミノ酸をバランス良く含んでいる食べ物は卵です。しかし、藤森ドクターの話によると、卵は毎日食べると蓄積され、卵アレルギーになってしまうこともあるそうです。

 

卵アレルギーになってしまうと、、肩こり、頭痛、体重増加などの症状が起きてしまいます。

 

アレルギーにならないためのおすすめの食べ方

 

毎日卵を食べないように、1日目は3個、翌日は食べない、3日目に3個と、食べない日をつくることで予防することができるそうです。

 

■3つ目の要素 ビタミンD3のダイエット効果

ビタミンD3は内臓脂肪を減らしてくれる働きをします。ところが、今の現代人が一番不足していると言われている栄養素なんだそうです。

 

【ビタミンD3が豊富な食材】

1位 あん肝
2位 しらす
3位 イワシ
4位 すじこ
5位 かわはぎ

これらの食材に多く含まれていますが、これも又、日常的に食べる食材が少ないので、そこで、おススメなのが日光浴です。

 

ビタミンD3を作るためには、30分ほど日光に当たると良いのですが、そのとき、日焼け止めクリームは塗ってしまうと効果がありません。

 

そうなると、シミやしわなどの心配が出てきますので、ビタミンD3の入った食材を食べながら、日に当たる時間を短くするなどして調節して行いましょう。

 

最後に・・・

年齢と共に失っていくものが多すぎて、わたしなどは焦ってしまったりもするんですが、どんなに頑張ってもストレスになってしまっては台無しになってしまいます。ストレスも老化の原因です。ダイエットを毎日の習慣のように、歩く時間を増やしながら運動も取り入れて、こういったケアも楽しみながら取り組めたら良いなと思います。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク