きのこのダイエット効果

MENU

ダイエットにおすすめ食材「きのこ」の効果

 

身近にある食材「きのこ」は食物繊維がたっぷり入っているのでダイエットによい働きがあるのは知っている女性も多いかと思いますが、痩せるだけではなく、

  • バストのサイズを落とさないでキープできる
  • 美肌効果が期待できる
  • むくみを解消する

などの女性に嬉しい効果も期待できるそうです。
その、きのこの驚くべきパワーをシロノクリニック池袋 院長 寺井美佐栄ドクターがTV番組「バイキン」に出演して解説していましたので、その内容を紹介します。

 

バストを落とさないでダイエットできる「エノキダケ」

バストのサイズをキープしながらダイエットを実践するならオススメのキノコが「えのきだけ」です。

 

食物繊維が豊富なキノコには「キノコキトサン」と言う成分が含まれています。この成分は自然界になかなか存在しない成分で、一緒に摂取した食べ物の余分な脂肪分を排出する働きや内臓脂肪を燃焼させる働きをしてくれるそうです。

 

内臓脂肪を燃焼させるので、お腹から痩せる事ができ、バストのサイズ落とさないようにキープしながら痩せられる食材としておすすめなんだそうです。

 

この「キノコキトサン」はキノコに含まれているのですが、特に豊富に含まれているのがエノキダケでほかのキノコの2倍以上含まれています。

えのきだけの効果的な食べ方

実は、キノコには細胞壁があり栄養素はその細胞壁と言う壁に遮られています。そのため、通常の調理方法だと十分に栄養を吸収することができません。そこで、お勧めなのが、エノキダケを一度冷凍することです。

 

冷凍するとその細胞壁が壊れます。それによって効率良く栄養を吸収することができるようになるのです。少し前に人気だった、エノキ氷はこの細胞壁を壊す事が出来る調理方法です。

 

エノキ氷の作り方

【材料】
・えのきだけ(1袋:約200g)
・水(200g)

  1. エノキダケの石づきを切り落とします。
  2. エノキを、水と一緒にミキサーにかけてペースト状にします。
  3. それを鍋に入れて、沸騰後弱火で約60分煮込みます。
  4. 後は、冷まして製氷皿に入れて凍らせたら完成。

これが、面倒な人は、普通のエノキを凍らせるだけでも細胞壁は壊れるので十分OKです。また、栄養素は、凍らせたり、熱を加えても減少することはありません。

 

美肌効果におすすめの舞茸(まいたけ)

美肌効果も期待できるダイエット方法におすすめのキノコが「まいたけ」です。まいたけだけに含まれるダイエット成分「MXフラクション」は血液中の脂肪分を分解したり、脂肪を体外へ排出させる働きがあります。

 

さらに舞茸には美肌維持に大切な成分ビタミンB2が豊富に含まれているのです。

■ ビタミンB2の効果
・皮膚や粘膜を健康に保つ
・肌の老化を防ぐ

 

効果的な舞茸の調理方法

キノコは水溶性食物繊維で水にとける性質なので、水に入れると成分が水に溶けて無駄なく栄養を摂取することができます。そこで、オススメな簡単な調理方法が「みそ汁」です。

 

また、その際に万能ねぎを一緒に入れると、ねぎが持っているアリシンと言う成分と相性が良いので相乗効果でより効果的です。これなら毎日手軽に食べる事が出来ますよね。

 

むくみが解消できる「エリンギ」

むくみ解消におすすめのキノコは「エリンギ」。エリンギには豊富なミネラルが含まれいます。

 

 【エリンギの効果】
・カリウム・・・むくみの原因である塩分を排出。
・マグネシウム・・・エネルギー代謝を高める。

また、エリンギに含まれるナイアシンが血行を良くして冷え性を改善したり、減量中のイライラを抑えてくれる働きをします。

 

エリンギの正しい調理方法

エリンギはだけではありませんが、キノコは加熱しすぎると栄養分が失われてしまうので、さっと火を通す程度の過熱が良いそうです。

 

いかがですが?きのこを食事に取り入れて、きれいにやせるダイエットにチャレンジしてみましょう!

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク