夏太り解消食材オクラ

MENU

夏太りには夏の野菜「オクラ」解消!

 

案内人

 

夏は痩せやすいダイエットに適した季節かと思っていたら・・・現代人はそうとも言えない!

 

夏になると、職場はもちろんですが、電車、コンビニ、病院、レストラン、どこに行ってもエアコンが効いています。その為、体を1日中冷やしている事になり、涼しいを通り越して寒いと言う女性も多いのではないでしょうか?

 

実は、こういった環境が知らない間に私たちの体温を下げてしまい、基礎代謝を下げ、脂肪燃焼を低下させてしまっているのです。

 

また、暑いので体を動かす事も気が進みません。すると運動量も減少してしまいます。このような原因が夏太りへとつながってしまうのです。

 

【豆知識】
体温が1度下がると基礎代謝は12%下がり、免疫力は30%低くなると言われています。

 

そんな夏太りを解消する食材が、夏の野菜「オクラ」です!オクラには水溶性食物繊維が野菜の中でも特に豊富含まれていて、その量はトップクラスです。

 

どうして水溶性食物繊維が夏太り解消にオススメなのかと言うと、太りやすいと言われている糖質(炭水化物)の吸収を穏やかにしたり、腸内環境を整える働きがあるんですね。

 

賢くオクラを食べる!

実は、オクラの食べ方によっては、その食物繊維がほとんど摂れていない場合もあるんですよ。そこで水溶性食物繊維がしっかり摂れるオクラの賢い食べ方を紹介します。

 

オクラなどの野菜には細胞壁と言うものがあります。オクラに含まれているネバネバ成分水溶性食物繊維はその細胞壁に包まれているのです。

 

水溶性食物繊維をシッカリ摂取するためには、その細胞壁を壊す必要があります!

  1. 最初にオクラを茹でましょう。
  2. 次にとにかく細かく切りましょう。
  3. そして、オクラを水の中に浸します。

オクラを水の中に入れることで、トロトロ成分である水溶性食物繊維が外に出やすくなります。

 

オススメは、細かく切ったオクラに適量の水を入れて冷蔵庫で一晩置いておくと水溶性食物繊維が外に出て凄い粘りが出ているので翌朝食べるのがオススメ。

 

そこで夏にオススメ!オクラを使った料理

麺つゆに細かく刻んだオクラを入れて少し時間を置きます。それをつけてそうめんをつけて食べると血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

 

そうめんは、血糖値の上昇が高い食材で糖尿病や肥満の原因になってしまいます。そこでオクラを麺つゆに細かく刻んでいれることで約三割の血糖値の上昇を抑えると言う研究もあるそうです。

 

また、麺つゆにいれたオクラを食事の前に食べる事で血糖値の急激な上昇を抑える事が出来ます。

 

うれしいことにオクラはお財布にうれしい低価格。毎日食べるようにして夏太りを予防しましょう。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク