MENU

痩せるための運動いつやったら効果的?

ダイエットは食事制限と運動が必要になります。

 

では、いつ運動をすればより成果がでるのでしょう。

 

これまでは、空腹時に運動すると痩せやすいと言われてきましたが、

 

理由は、お腹が空いた時間がながいと、血糖値が下がり血液中にエネルギー源になる糖質が少なくなります。

 

すると、エネルギー源の糖質がないので体脂肪として蓄積されている脂肪をエネルギーとして使うので脂肪が燃焼されて痩せやすいと言われてきました。

 

しかし、実はその定説は間違いだと言う説が出てきました。

 

お腹が空いているときに運動をすると、糖新生が起こります。

 

糖新生とは、空腹時に運動をすると肝臓で糖質作り出します。そのため、血液中に糖質が多くなり血糖値が上昇します。

 

すると、血糖値を下げるためにインスリンが出てきて血糖値を下げる働きをします。

 

ですが、このインスリンは余った糖質を脂肪として蓄える働きもするので肥満ホルモンともよばれているのです。

 

つまり、空腹のときに運動すると運動しているときに血糖値が上昇して、運動後の食事でも血糖値が上昇してインスリンが増加して太りやすくなるという説なんです。

 

たしかに、空腹時に運動をすると溜め込んだ脂肪を燃焼しますが、インスリンが大量に分泌される方がダイエットには良くないように思える。

 

運動する前には、ナッツなど200カロリーくらいの食べ物を食べてから運動すると血糖値の上昇を抑えられるそうです。そこでおススメのナッツがクルミです。

最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク