太りやすい原因腸内フローラ

MENU

痩せやすい体質のカギは 『腸内フローラ』

 

 

太る原因と言えば、食べ過ぎと運動不足がほとんどの原因ですが、そうは言っても、いくら食べても太らない人と、油断するとすぐ太ってしまう人がいます。この不公平な現実の違いには何が原因しているのでしょうか。

 

これまで太りやすい人の原因として主に言われてきたのは、基礎代謝の低下や遺伝などが原因だと言われてきました。この問題にさまさまな所で研究がされており、近年、新たに太りやすい体をつくってしまう原因が明らかになってきたそうです。

 

それが、『腸内フローラ』です。このフローラとはラテン語でお花畑と言う意味。このキーワードが太りやすい体質にどんな影響を与えているのかテレビ番組『たけしの家庭の医学』で放送していましたので、その内容をわかりやすく紹介したいと思います。

 

本当に痩せやすい人と太りやすい人はいるのか検証!

まずは、本当に太りやすい人と、太りにくい人がいるのか、番組ではこの事から検証を行いました。
検証に協力してくれるのは同じ53才の女性2人です。

 

一人の方は太りやすいタイプの女性、そして、もう一人の方は太りにくいタイプの女性です。この2人に、番組で用意した全く同じ食事を3日間食べていただき、体重の変化を見ようという面白い検証です。

 

食べる食事は、調理法やカロリーを同じにするために公平に市販の宅配食を1日3食たべてもらいます。
そして、条件は、特別な運動はしないで、普段通りの生活をすることです。

 

さて、3日後の結果は・・・

  • 太りにくいタイプの女性は・・・ −100g
  • 太りやすいタイプの女性は・・・ +900g  と言う結果に、

予想はしていましたが、たった3日でもこれだけ差が出るんですね。ここで注目していただきたいのが、この女性2人の仕事です。

 

太りにくいタイプと言う女性は専業主婦で体を動かすのはほとんどが家事。もう一人の、太りやすいタイプの女性は看護師をされているのです。どう考えてみても体を良く動かしているのは太りやすいタイプの看護師をしている女性の方なのでは・・・。

 

専門家がそのメカニズムを解説

この結果を見て、今まで1万人以上の肥満や糖尿病患者を診察してきた慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科 教授 伊藤 裕先生がその違いを解説。

 

伊藤先生は、この2人の生活を見ていると、ある生活習慣の違いがあると言うのです。それはお通じです。

 

実は、太りやすい女性は検証期間の3日間、一度もお通じが無く、聞いてみると40年来の便秘症だったのです。逆に、太りにくい女性は、食べれば自然とお通じがくるので便秘で悩んだことは無いというのです。つまり2人の生活習慣の違いは、快便か便秘かの違いだったのです。

 

では、便通がきちんと行われていれば太らないのかと言うと、そういう訳では無いと伊藤先生は言います。太りやすい人は便秘症になってしまう、ある問題を抱えており、それが太ってしまう原因でもあると言うのです。

 

つまり、便秘になる原因を解決すれば、太りやすい体質も解消するかもしれません。

 

便秘になってしまう原因

私たちの腸には、乳酸菌や大腸菌などのたくさんの腸内細菌が住んでいます。この腸内細菌のバランスが崩れると便秘になってしまうことが分かってきているそうです。実は、この腸内細菌のバランスがとっても重要で、バランスが崩れてしまうと肥満にもなりやすくなってしまうと言うのです。

 

カギは腸内細菌のバランス!

腸内細菌は、100兆個以上も存在しており、その働きは人が消化できない栄養分を分解して吸収しやすくしたり、体に必要なビタミンやタンパク質の栄養を合成をしたり大切な働きをしています。

 

この腸内細菌は3つのグループに分けられます。

  • 善玉菌・・・・・ビフィズス菌や乳酸菌のことでエネルギーの吸収をコントロールし腸の蠕動運動を促すなど良い働きをしています。
  • 悪玉菌・・・・・大腸菌などの菌で食べたものを腐敗させたり、がんの原因となることも、からだに悪い働きをしています。
  • 日和見菌・・・その時の環境で、善玉菌にも悪玉菌にもなる気まぐれな菌。

腸内には、この3つのタイプに分けられた1000種類以上の腸内細菌が広がっており、その様子がお花畑のようなので、それを表した言葉が『腸内フローラ』と言います。この腸内フローラの状態が太りやすい体に関係していることが明らかになってきたのです。

 

では、理想の腸内細菌の割合は?

 

善玉菌:2  悪玉菌:1  その他の日和菌が:7 が理想。

 

お乳だけ飲んでいる赤ちゃんの腸内はほとんどが善玉菌なんだそうです。大人と同じ物を食べるようになると悪玉菌や日和見菌が増えてくるんだそうです。

 

そして、大人なると何らかの原因によって腸内細菌のバランスが善玉菌が減り、悪玉菌が増加してかたよってしまいます。すると便秘になりやすくなり、エネルギーの吸収をコントロールできなくなり、どんどん体内の細胞に蓄積されてしまうのです。

 

腸内細菌のバランスが悪い信号は、便秘のほかにも下痢やオナラが臭くなったと感じたら要注意です。これが太りやすい体にしていると考えられているのです。

 

 

なぜ腸内細菌のバランスが崩れてしまうのか

睡眠不足やストレスなども影響していますが、主に加齢と偏った食生活の高脂肪食。この二つが考えられるそうです。腸内細菌のバランスが崩れると肥満だけではなく、その他にも体に悪い影響があることが分かってきているそうです。それが、花粉症です。

 

私たちは、もともと外からの外敵から体を守る免疫細胞が備わっています。実はその60%が腸に集中しているそうです。腸内菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えると免疫細胞が暴走してしまい花粉症やアレルギー性疾患のリスクが高まってしまうと考えられているそうです。その他にも、ガンやうつ病、パーキンソン病、動脈硬化、自己免疫疾患にも腸内細菌が関係していることが最近研究で分かってきているそうです。

 

健康できれいにスリムになるためには腸内細菌のバランスが重要なんですね!

 

腸内環境のバランスを整える3つのポイント

いろんな種類のおかずを食べる

良く発酵食品を食べると善玉菌が増えると聞きますが、もちろん発酵食品は食べた方がいいです。しかし、それだけを集中して食べるよりも、いろんな食材を食べることで、いろんな細菌が元気でいられるんだそうです。理想は1日30品目。

 

お昼寝

食後は消化のために血流が腸に集中し腸の動きが良くなり腸内細菌が活性化する。昼寝の時間は腸内細菌にとってはランチタイム。この時間に安静にすることで腸内細菌が元気に育つと考えられるそうです。

 

脳と手先を使う作業

脳と腸は神経が密に結び付いているため、絵や刺繍・料理など脳と手先を使う作業をすることで脳が活性化されその結果腸も活性化され、腸内細菌のバランスを良くする。

 

 

発酵食品を摂りながら、偏った食事は避け、バランスよく規則正しい食生活を心がけましょう。

 
最新研究で証明されたファスティングの新常識とは? 1日〜2日のファスティングは間違っていた。やるなら3日以上がお奨め!断食メモリーのスイッチがオンになり数か月も効果が持続する新事実。

詳しくはコチラ!

スポンサーリンク